無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

彼の妻は一日も欠かさずベッドのそばで看病を続けた

2015年05月06日 | 面白画像


男が意識不明の重態になって数ヵ月、たまに意識は回復するもののずっと寝たきりである。
しかし、彼の妻は一日も欠かさずベッドのそばで看病を続けた。
ある日、彼が意識をとりもどし妻を手招きした。
妻が近づくと彼は目に涙をいっぱいにためてささやいた。

「お前は私がつらいときはいつもそばにいたよな。私がクビになったときも、一番近くで支えてくれた。
ビジネスが失敗したときも、私が撃たれたときも、家を失ったときもそうだ。
私の健康が悪化しても、それでもお前は私のそばにいた。
…なあ、お前」

「なあに。あなた」妻は優しくたずねた。
彼女の胸はいっぱいになり、笑みがこぼれた。


「お前はさげまんだな」

 

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムスリム風の客に間違えて | トップ | 英王女ちなむ命名に抗議 赤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。