無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

オフィスに入ると2秒でにゃんこ。猫用トイレを開発している会社の日常がうらやましすぎた

2015年02月22日 | ニュース

オフィスに入ると2秒でにゃんこ。猫用トイレを開発している会社の日常がうらやましすぎた(オランダ)

 本社がオランダにある猫用の生分解性段ボールでできたトイレや猫砂を開発している「プーピイ・キャット(Poopycat)」のオフィスには、猫社員が多数在籍している。オフィスのドアを開けると猫社員たちがワラワラとお出迎えしてくれるのだ。

この映像は、オフィスのとある一日を撮影したものだ。
A Day at Poopy Cat Office

 ちなみにここにいる猫たちは住み込みで働いている。猫たちの生態を探るため、製品テスト、あるいは撮影のため、猫がいて当たり前の会社環境となっているわけだが、そこは猫先輩。じっとしてくれているのはお昼寝の時だけで、あとは自由気ままにふるまっている。

 玄関開けると真っ先に猫先輩たちのお出迎えの洗礼をうける。
18

 デスクの上は常に猫がいったりきたり
7

 プリンターは猫の遊具となり
8

 遊んで攻撃がはいるとなかなか仕事に集中できない
9

 この会社での上司はずばり猫である
10

 猫先輩の自由気ままな勤務体制は、従業員たちに試練を与えつつも癒しを与えているので都合±ゼロだ。
19

 オフィスの窓は通りに面していて、猫たちの様子を見に来る子供もいる。
11

 猫好きにとってはたまらない職場環境。振り返れば猫がいる。
13

14

20

 そんな環境下で生まれたのが、100%生分解性のリサイクルダンボールでできた猫用トイレである。現在この商品は、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダで展開されているが、さらに販路を広げていく方針だそうなので、近い将来日本にも上陸するかもしれない。もし日本に支店ができたら、すごく働きたくなるオフィス環境だ。

  

 

         

    

       人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑  


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国発祥を装っているが、実... | トップ | かっこよすぎ!スーパーカー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。