無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

生命の起源探求 巨大電波望遠鏡『アルマ』に込められた“神技”

2015年04月24日 | ニュース

生命の起源探求 巨大電波望遠鏡『アルマ』に込められた“神技”

 宇宙の謎に迫ることは、生命の起源を知ることにつながり、人類がどこからやってきたのかを把握する手がかりにもなる。大型望遠鏡は、そうした宇宙の謎に迫る上で不可欠な存在。その性能は日増しに向上している。三菱電機は、人工衛星以外にも、最新型の大型望遠鏡を手がけ、科学の発展をサポートしてきた。

予算の制約克服

 標高5000メートルを超えるチリ北部のアタカマ砂漠。標高が高いだけに、空気が澄んでいて、空の青さがひときわ濃い。一方で空気は極めて薄く、息切れしやすいうえ、晴天率が高く、直射日光も強いので、つねにサングラスをかけていないと目にダメージを受けてしまう。

 このアタカマ砂漠の一角に、巨大なお椀(わん)形のパラボラアンテナが66台も設置されている。配置の仕方によっては全体で直径18.5キロメートルと、東京の山手線内に匹敵する広さになる。世界最大の電波望遠鏡として知られる「ALMA(アルマ)」だ。

 正式名称は「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計」。英語の頭文字をとって、アルマと呼ばれるようになった。アルマという言葉には、スペイン語で魂という意味もあるという。

前へ1 2 3 4 5 次へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チリ・カルブコ火山噴火、4... | トップ | ビーバーが自分で伐り倒した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。