無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

柳家小さんの噺、「長屋の花見」

2015年05月12日 | 落語・民話


柳家小さんの噺、「長屋の花見」によると。
 

 家賃も払えない様な貧乏店子を連れて、上野の山に大家が酒肴付きで花見に連れて行くという。

みんなは大喜びで付いて行くというので、大家が酒肴の説明をすると、

大家
  「ラベルが違うが1升瓶の中身は皆同じで、”煮出した番茶”で水で割ったがいい色をしているだろう」


店子 「えぇ?! みんなどうする。おちゃけだそ ~だよ」


店子 「肴を聞いて本物なら・・」


大家 「肴が本物なら酒に回すよ」


店子 「ところで、卵焼きにかまぼこは?」


大家
  「ご覧の通り、”たくあん”は黄色いところで卵焼き、

  ”大根のこうこ”は月形に切ってあるところからかまぼこ、だな」


店子 「しょうがないから行くか」。


大家 「月番は幹事になって働いてもらうよ」


店子 「幹事は胸に何か付ける物はないのですか」


大家 「サイダーの口金が有るがどうだ」


店子 「子供でも有るまいし」


大家 「出かけるから、そこの毛氈を持っておくれ」


店子 「毛氈って、もしかしてこの”むしろ”」


店子 「これじゃ~、ともらいだ」


大家 「さ~、出かけるぞ。私の音頭で景気良く『さ~、花見だ、花見だ!』」


店子 「夜逃げだ、夜逃げだ!」。
   
ワイワイ、ガヤガヤ言いながらすり鉢山に着いた。


大家 「枝振りの良い下に毛氈を広げて、陣を取ろう・・」


店子 「この枝はイイ。丈夫で5人ぐらいいっぺんに首をくくっても平気ですよ」


大家 「山の上の方が見晴らしがいいのに、何で山の下なのだ」


店子
  「上で宴会をやっている連中が何かを落とすと、転がって来るので拾いやすい」


大家 「何で毛氈を細長くひくのだ」


店子 「みんなで頭を下げれば”乞食”が出来る」


大家 「今日はご馳走になったと思うと気が詰まるだろうから、無礼講でやれ」


店子 「・・・」


店子
  「しょうがないから注いでくれ。ちょっとで良いから。おいおい、

  そんなに押さえつけて注ぐやつがあるか、うっ! おぼえてろ」


店子 「次はおまえだ」


店子
  「そっくりな色をしているのだがな~、お茶からアルコール成分が取れる訳はないよな。(まずくて)ブッ~」


店子
  「大家さん、みんなで飲まなくてはいけないんですよね。予防注射みたいに。」


大家 「変な言い方はおやめ。ところで、おまえは飲んでいないな。」


店子 「はい、私は下戸ですから」


大家 「だったら、何かお摘み」


店子


  「その白いかまぼこ。私はこれが好きで毎朝おつけの身にしています。千六本に刻んでいいですよ。また、胃の悪い時はかまぼこおろしにして・・。最近は練馬のかまぼこ畑も少なくなって、どちらかというと葉のほうが好きなんですよ」
店子 「俺もかまぼこ食うぞ!・・・うっ、(すっぱい)付けすぎだ」
店子 「(大声で)大家さん、卵焼き取ってください」
大家 「回りの者がこっちを向いたぞ」
店子 「う~ん、しっぽで無いところ」
大家 「ところで、誰も酔わないな。おまえ、酔いな」
店子 「恩返しのつもりで、(台詞調で)酔った」
店子 「それじゃだめだよ。『さ~酔った!』」
大家 「ずいぶん早いな」
店子 「酔うのも早いが、醒めるのも早い」
大家 「嬉しいな、おまえだけが酔ってくれた。吟味した灘の生一本だぞ」
店子 「宇治かと思った」
店子
  「こぼしても惜しくはない。 ・・ん!大家さん近々長屋に良い事がありますよ」
大家 「どうして?」
店子 「酒柱が立っている !」。

 

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある女性と浮気をしてしまい... | トップ | 地球という惑星にたどり着いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。