無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

八代目三笑亭可楽の噺、「らくだ」  大家の所に行って、夢中で「カンカンノウ」を踊らせる

2014年08月10日 | 落語・民話

  八代目三笑亭可楽の噺、「らくだ」によると。
 

 ある長屋に酒乱で乱暴者の毛虫のように嫌がられていた男、名前を”馬”。
あだ名を”らくだ”と呼ばれた大柄の男が住んでいた。
兄貴分がらくだの家にやって来ると、らくだはフグを食べて既に亡くなっていた。
前夜すってんてんに取られてしまったので、1銭も持ち合わせが無い兄貴分のところにクズ屋がやってきた。
ガラクタばかりでお金にならないので、クズ屋を長屋に使者に出して香典を集めさせた。

 長屋の月番はらくだが死んだのを喜んだが、香典の話をすると、とんでもないという。
しかし、長屋の連中は喜んで赤飯を炊くであろうから、まげてお前さんの為に集めてこようと、納得してくれた。
 らくだの家に帰ってきて、商売道具のザルと秤を返してもらおうとすると、もう一軒、大家の所に行ってこいと言う。
仕事始めで1銭もかせいでいず親と女房に子供が五人いるので仕事をしないと飯が食えない。
そんなことはお構いなしに、「今夜長屋で通夜の真似事をするから、大家と言えば親も同然、子供の為にイイ酒を3升、肴として煮〆を丼に2杯、飯を2升ほど炊いて持ってくるよう」頼んでこいと言う。
そんな事言ったら長屋に入って来れないと言うが、噛みつきそうな顔で追い出された。

 大家は死んだのを聞いて喜んだが、頼み事はガンとして断った。
3年間一度も店(たな)賃を払ったことはなく、言えば棒っきれ持って追いかけてきたと。
 その事を家に帰って話をすると、当たり前だと兄貴分は言う。
もう一度行って来い。
同じ事を言ってダメだと行ったら、死人(しびと)の行き場がないので、こちらに持ってきて「カンカンノウ」を踊らせる。と言え。
 大家の所に行ったが、そんなことで驚く大家ではない。
面白いから踊らせてみろ。と断られた。
 兄貴分に伝えると、本当に言ったんだなと、クズ屋をむこに向けてらくだの死体を担がせた。
冷たいのや恐いので、大家の所に行って、夢中で「カンカンノウ」を踊らせると、ビックリして要求を呑んだ。

 もう一度だけ、角の八百屋に行って樽を借りてこい。
ダメだと言ったら「カンカンノウ」を踊らせるんですね。
 八百屋さんはらくだの死んだのを聞いて大喜び。
樽をくれなければ、貸してくれれば返しに来ます。
さんざん断られたが、「カンカンノウ」を踊らせると言うと、素直に貸してくれた。

 樽を担いで帰ってくると、長屋から香典、大家からは酒肴が届いていた。
ゲン直しだから一杯やって行けと言われたが、酒が入ると仕事にならないし、女房子供が待っているので、と断った。
死人を担いだのだから酒で身体を浄めて出ていけと言う。
恐そうな顔で言うので、一杯だけと言うことで飲んだ。
一杯では縁起が悪いのでと二杯目を、そして駆けつけ3杯目だと、3杯目をやった。
 
(強い声で)「おい!もう一杯つげよ!」酔いが回り始めたクズ屋さん、気が大きくなって兄貴分を怒鳴りつけて、手足のように使い始めた。
頭を丸め、樽に強引に詰め込んだ。
落合(の火屋)に知り合いがいるので、そこに持って行くぞ。

 「お前は先棒、俺は後棒だ。重いな~、でかかったからな。ふらつくな、担ぎにくいからな」と言うことで担ぎ出した。
「ここは早稲田だろう。これを真っ直ぐ行くと新井薬師。左へ行くと落合の火屋だ。滑るから気を付けろ」と言う間もなく転んでしまった。
落合に着いて樽を見ると底が抜けてらくだはいない。
慌てて探しに戻ると道端に乞食坊主の”願人坊主”が寝ていた。らくだと間違えて、これを担いで落合に戻り焼こうとすると、
いくら酔っぱらいの願人坊主でも火が点けば「あちち!ここは何処だ」、「ヒヤ(火屋)だ」。
「ヒヤ(冷や)でもイイから、もう一杯」。

 

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。

 

 


クリックをお願いします↑↑↑↑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少年トムがエレベーターに乗... | トップ | 息子のサッカーの練習のため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。