無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

便利屋のサムは、少し忘れっぽいところがあるが、誠実な男だった

2014年10月19日 | 面白画像

便利屋のサムは、少し忘れっぽいところがあるが、誠実な男だった。

ある月曜日の朝、サムがある金持ちの屋敷に仕事で呼ばれて行くと、
初老の主人が出迎え、彼を居間に通してソファに座らせ、仕事の説明をした。

「今日、君には2つの仕事を頼みたい」
そういうと主人は右のポケットから小さな薬瓶を取り出した。
「2階の廊下をまっすぐ行って右に曲がってから3番目の部屋には、
愛犬のセントバーナードがいる。
この子は最近とても酷い虫歯なんだが、
どうしても獣医にもらった薬を塗らせてくれないんだよ。
だから君には、この薬を塗ってやってもらいたい」

次に主人は、左のポケットからコンドームを取り出した。
「2階の廊下をまっすぐ行って左に曲がってから4番目の部屋には、
私の若い妻がベッドで待っている。
彼女は最近ひどい欲求不満なんだが、
どうしても私の下半身が言うことを聞かないんだよ。
だから君には、久しぶりに妻に女の悦びを存分に感じさせてもらいたい」
サムはいささか臆したが、意を決した表情で申し出を引き受け、
謝礼の500ドルを前金で受け取った。
サムは薬瓶とコンドームをポケットに入れて2階へ昇っていった。

しばらくすると、セントバーナードの激しい吠え声が2階から屋敷中に響いた。
セントバーナードはしばらく吠え続けたが、やがて大人しくなった。
少し間をおいて、サムが2階から居間に降りてきて、屋敷の主人に尋ねた。

「すみません、虫歯の奥さんの部屋はどこでしたっけ?」

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敏腕マネージャー | トップ | 運動不足で肥満に悩んでいる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。