無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

ギャル→AV女優→新聞記者→作家…再び東大大学院で研究に入る31歳の「目線」

2015年05月04日 | ニュース

ギャル→AV女優→新聞記者→作家…再び東大大学院で研究に入る31歳の「目線」

「女の人の人生にはもともと、複雑さがある。学歴を付けてもお金持ちになっても、必ずしも幸せになれるわけじゃないから、試行錯誤するほかない」。新宿・歌舞伎町の昼下がり、とある喫茶店内。作家の鈴木涼美さん(31)は胸元のざっくり開いたドレスで、こう口にした。目のやり場に困るその服装は、明るい日差しの下では不釣り合いにも見えた。

 高校時代はギャルで、身に着けた衣服を販売するブルセラショップに入り浸った。慶応大在学中にアダルトビデオ(AV)の女優やキャバクラ嬢を経験し、東大大学院で「AV女優」という職業を研究。卒業後は新聞記者を経て、現在は作家として活動する。

 ブルセラショップでは、自分を値踏みする他人のまなざしを痛感した。「商品化された自分」を知ったからこそ、不当な評価を嫌う。最高で月200万円を稼いでいた夜の世界から新聞社に移ったのも「昼の世界でも働ける人だってことを一度、示しておきたかったから」と屈託なく笑う。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【驚愕】多くの男性が感じる... | トップ | 誕生の英王女は「シャーロッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。