無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

そのバーのバーテンは無双の怪力男だった。

2014年12月28日 | 面白画像

レモンを絞る男の職業


そのバーのバーテンは無双の怪力男だった。
バーテンがグラスに絞ったレモンから客が一滴でも果汁が絞れたら
千ドルの賞金を出すといつも自慢していたのである。

もちろん今まで、力自慢の数多くの人が挑戦したが、
誰も千ドルを手に入れることが出来なかった。

ある日、分厚いメガネをかけ背を丸めた小男がバーに
入って来て、しわがれた声でこう言った。

「わたしもその賭けをやっていいですか?」

周囲に笑い声がわき起こり、ニヤニヤしたバーテンは
黙ってレモンの絞りかすを小男に渡した。

しかし、笑い声はこの男の握りしめた拳から果汁が1滴2滴としたたり落ちるてくると、
シーンと静まりかえってしまった。
結局のところ、小男はなんと30滴も絞ったのである!
驚愕したバーテンは千ドルを小男に払うと、敬意を込めて問いかけた。

「あなたは何をなさっている方ですか。木こりとか、もしかして何か武道でも?」

小男は答えた。

「わたしは税務署に勤めています」




          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑      

が済んで席に戻ってみると掛けておいた上着がない。
椅子には貼っておいたメモ紙が裏返されていて、こう書かれていた。
「俺様は町一番の早足。どんなヤツも俺様に追いつけない。」

    

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静寂と孤独を存分にお楽しみ... | トップ | 近未来・体育の時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。