無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

下痢に悩んでいたんでしょう

2014年10月19日 | 面白画像

When the husband finally died his wife put the usual death notice in the paper, but added that he died of gonorrhea. No sooner were the papers delivered when a good friend of the family phoned and complained bitterly, "You know very well that he died of diarrhea, not gonorrhea."
夫がやっと死んでくれて妻が新聞にありきたりの死亡広告を掲載する。 但し、一言加えたのが死因の淋病【ゴノリーア】。 新聞が発行されるや否や、家族ぐるみで付き合っていた友人から電話がかかってきて槍玉に上がったがその苦々しい言い方;「ご主人は下痢に悩んでいたんでしょう、淋病じゃないわ。」

Replied the widow, "I nursed him night and day so of course I know he died of diarrhea, but I thought it would be better for posterity to remember him as a great lover rather than the big shit he always was." 
未亡人の受け答え;「私、昼夜を舎【ス】てず看病したから勿論知っているわ、下痢よ。 でも、後世への追憶としてはこの方がいいんじゃないかと思ったのよ。 愛に一生を捧げた人。 それを毎度の大クソじゃあ、ちょっと、ねぇ。」

アハハ。 ごもっとも、だが。 しかし、死亡広告に淋病というのは、ちょっと、ねぇ。 ん? 仲良しの奥さんはなんでそんなことまで知っているのだ? ああ、私はうつされなかったから、違うわよ、っていうことか。 いやいや、瓢箪から駒。 どこで何が発覚するやら・・・

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホットドックをくわえるんだ... | トップ | お尻を温める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。