無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「ロボット大国日本」を抜こうとする中韓の“宣戦布告”…

2015年05月09日 | ニュース

「ロボット大国日本」を抜こうとする中韓の“宣戦布告”…「魚ロボット大失敗」韓国の技術力は疑問だが、中国の豪腕には要警戒

 自他ともに認める「ロボット大国」の日本に、ロボット新興国の中国や韓国が挑戦状を突きつけている。いまや産業用ロボットで世界最大の市場になった中国は、供給の大半を海外メーカーが占める状況から脱すべく「国際競争力の増強」を宣言。韓国も「ロボット未来戦略」を掲げ、日米独が君臨する世界のロボット「3大強国」の一角を奪おうともくろんでいる。特に国家の威信をかけて目標実現を目指す中国の追い上げは激しい。首相官邸の屋上に侵入した無人機「ドローン」が低価格の中国製だったように、工業製品の「価格破壊」はお手の物だ。日本は、まさにうかうかしてはいられない。

17年には保有台数でも世界首位に

 国際ロボット連盟(IFR)は2月初め、産業用ロボットの保有台数で中国が2017年までに日本などを抜いて世界一になるとの見通しを発表した。

 IFRの国・地域別の統計によると、13年末時点での保有台数は日本が約30万4000台でトップを維持し、2位は約21万5800台の北米(米国、カナダ、メキシコ)、3位は約16万7500台のドイツ、4位は約15万6100台の韓国となっている。中国は約13万2700台で5位に食い込んでいる。

前へ1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このニュースの写真

  • 「ロボット大国日本」を抜こうとする中韓の“宣戦布告”…「魚ロボット大失敗」韓国の技術力は疑問だが、中国の豪腕には要警戒「ロボット大国日本」を抜こうとする中韓の“宣戦布告”…「魚ロボット大失敗」韓国の技術力は疑問だが、中国の豪腕には要警戒

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三洋の元会長、夜回りに答え... | トップ | 大阪・天満で「ビニシー」店... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。