無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

訪日外国人が夢中!大阪・鶴橋…爆買いの次はディープスポット探訪

2015年05月02日 | ニュース

訪日外国人が夢中!大阪・鶴橋…爆買いの次はディープスポット探訪

 円安などで増えた外国人観光客(インバウンド)が、大阪へ波のように押し寄せている。昨年の訪日外国人観光客は過去最高の1341万4千人で、うち約3割にあたる約376万人が大阪を訪れたという。今、その訪日外国人が、定番スポット(道頓堀、大阪城)を“卒業”し、大阪のディープスポットに繰り出し始めている。ツアー客に密着取材した。 (池田美緒)

■マグロをぺろり

 薄暗い路地に、昭和の雰囲気をたっぷりと漂わせる年季の入った店が立ち並ぶ。人がやっとすれ違うくらい狭い通路に、威勢の良い店員の声が響く。路地にはみ出した発泡スチロールの箱。迷路に入り込んだように、方向感覚を失いそうになる。

 3月31日午前10時、大阪市生野区の鶴橋卸売市場に、シンガポールから来た銀行員、パット・チャオさん(45)とその母、チン・シャーチーさん(70)が訪れた。チンさんの70歳を祝うための11日間の日本旅行。この日は大阪の“食”を体験するツアーに参加。定番の難波も巡るが、なかでも鶴橋はハイライトだ。

 中国語ガイドの末石靖知さん(33)の案内で、市場を見学する。

 軒先で、チンさんらがキンピラごぼう、ひじき豆、おからのあえ物を試食していると、末石さんがマグロの中トロを調達。紙皿に醤(しょう)油(ゆ)をたらして、わさびと一緒に口に。パットさんは「こんなおいしいマグロを食べたことがない」と喜んだ。さらに八百屋に並ぶつまもの(和食の飾り付け用)のウメの小枝を見たチンさんは「これを食べるの?」と驚きの連続だった。

 パットさんは「これほど笑顔で接してくれる店はシンガポールにはほとんどない」とナニワのおもてなしに感動。チンさんも「初めて会うのにお隣さんみたいな親しみやすさ。また来たい」と満足していた。

 外国人に人気の意外なスポットは他にもあり、それらを巡るツアーもにぎわっている。大阪市北区の市営地下鉄中崎町駅周辺もその一つだ。古民家を改装した雑貨屋やカフェが立ち並び、レトロな雰囲気が漂う。

このニュースの写真

  • 訪日外国人が夢中!大阪・鶴橋…爆買いの次はディープスポット探訪

関連ニュース

【春節回顧】「もう餃子焼けてんねんけど」注文変更に振り回される店、温泉施設は「入れ墨」「水着」…四苦八苦

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇帝のパーティがキャンプを... | トップ | 非難声明のロイス委員長、実... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。