無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

 塀の子

2014年08月27日 | 面白画像

 塀の子


 えー、ごくお古いおはなしで・・・・。
さるお旗本のお屋敷がナ、こう、となり合わせにございまして、この両家の下男と下女が、いつしか割りない仲となりました。
只今と違いまして、”不義はお家のご法度(はっと)”なんてことをいって、大変やかましい時代でございますから、逢瀬をたのしむなんてえことは容易じゃァない。
いろいろ考えたあげく、両家の境ンところに塀がある。その塀にナ、手頃な節穴がありますから、男のほうがコレを通して、双方その品物を接触し合っては楽しみにしている。
くわしくいえば、野郎のほうが、いきり立った長いのを、その穴からヌーッと出す。こっちのほうで、女のほうが自分の穴で、そいつをスポーッとうけとめるという・・・・。まァ、生活の知恵ですナ。


いつの時代でもそうですが、使用人てえものは、主人の用事なんぞで、そうそう自分の思い通りにはゆかないもので・・・・。
あるとき、打ち合わせの時刻にナ、突然お姫さまが、お庭の散歩に来合わせる。下女はびっくりして、あとへ下がりましたが、そんなことァ知らない下男は、いつものように、張り切った品物ォつん出して、今や遅しと待ちかまえる。
下女はアッと思ったが、もっとおどろいたのはお姫さまです。なンしろ、深窓育ちで、男のそんなものは、見たこともない。
「これ、あそこに生えている、あの異様なものは、なんじゃな?」
「ハ、ハイ、あれは・・・・」
こりゃァ、正直にいう勇気は出ませんから、くるしまぎれに、
「キノコの一種でございまして・・・・」
「キノコの一種? して名前は?」
「ハイ、木に生えるのはキノコでございますが、あれは塀に生えておりますゆえ、ヘイノコと申します」


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  花ぬすびと | トップ | 同じ靴だね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。