無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

数取り

2015年04月16日 | 落語・民話

 ある村に、およしという名の身持ちの堅い娘がおったげな。

村の若衆ガ何度夜ばいに行っても落ちなんだ、泊まり宿に勢ぞろいした若衆は、

「だれぞおらんかな、およしをくどいてみせるやつは…」

するとおよしの隣に住む大作が名乗り出た。

「いっちょ、おらがくどいてみせようかい」

大作の男前というたら、どうみてもさまにならん顔や、

若衆はゲラゲラ大笑いして、

「大作、おおきな口ばたたきよって、お前、首をかけても口説いてみせるか」

「おおさ、おれも男や、およしを落とさなんだらこの首をやる。」

大見得を切って出かけた。

およしの家に忍び込んだ大作、急に肩を落としておよしの寝間に這い寄った。

「あれ、大作さんじゃないかえ」

それは隣同士の気安さで声をかけたもんで

「へえ、大作が命がけの相談にきよりました」

「相談って、どんなこと?」

大作もじもじしながら訳を話すと、およしは床の上に座り、

「いやじゃ、勝手にそんなことを決めて、

 なんぼ命にかかわるというても、

 いやじゃ」

「そこんとこを、これも因果とあきらめて、」

「いやじゃ、あほらしい。お母を呼んでもええかね!」

なるほど身の堅い娘じゃと思いながら大作は泣きながら云った。

「まね事でええ、まね事だけでええから頼む」

「まね事ってどないことするの?」

「そらお前の大事なとこの、ふちを回すだけじゃ。中へ入れんでふち
を回すだけじゃ」

「ほんに入れたらいやじゃぞえ」

「入れやせん、入れやせん、まね事だけじゃ」

やっとこさでその気にさせたおよしを寝せつけおよしの前をひろげ、
大作も自分の一物をそろそろ出したが、

「あれ、あれ…そんな太いのを入れたら、いやじゃぞえ」

と身をよじるおよしを押さえ、

押しつけて、せっせとまね事を始めたが、

いくらまね事でも、

ふちを回すうちにおかしくなってくるし、

大作は我慢できずにグイと

「あれ…、約束が違うぞエ!」

およさいは身を堅くしてのけぞった。

大作はここぞとばかりに

「これは数取りというのや。ただ回しただけでは、

 何べん回したか数がわからん。

 十ぺん回して一つ入れれば、数がわかるがな、

 ううな、十ぺん回して一つの数取りや」

「いやじゃそんなこと」

とおよしが云うてもここまでくればしめたもの。

大作は十ぺん回して一つ入れては、

「ひとーつ」また十ぺん回してグィー。」

「ふたーつ」

そのうちおかしくなって、十ぺんの一つが八ぺんに一つになり、

六ぺんに一つになって数取りの間がおかしくなってきた。

その頃およしはよがり声を上げ、しまいには大作にしがみつき、

うわごとのように…

「ああ、もう… 大作さん、数取りを早ようして」

 

 

 

↓のキーワードをクリックしてみて

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タコ焼きの屋台 | トップ | 若い衆が集まると、お色気の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。