無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

無差別営業電話対策です

2015年03月02日 | 面白画像

無差別営業電話対策です。当初、私が受付をする時は「うちの社長は外人です。お回ししますので英語で売り込みをして貰えますか?」という一言がキメワザでした。しかしある日、いかにもまだ経験の浅そうなぼくちゃんがかけてきた時、しばし考えた末「ぼく、やってみますっ!!」と言われたのでその根性を買って回してあげました。あとで社長に「日本語をしゃべれない奴を回すな!」とこっぴどく怒られました。それ以来「うちの社長は外人です。ベトナム語でお願いします」に変えたら今のところチャレンジャーはいません。

 

別の無差別営業電話対策です。私の会社は、会社の名前がなんとなく「ヤ○ザ」系の会社名に似ている為、先物や、きな臭い話などの電話には、「申し訳御座いませんが、弊社の事をご存知でしょうか? 同様の商いをさせて戴いて降りますので…」と言った瞬間、だいたいの人は「失礼致しました!」って電話切りますよ。

 

 

社長ではなく自分とかにかかってきた場合には、申し訳ありません。○○は退職いたしました。と答えています。うちの職場全員辞めたことになっています。

 

 

うちの会社では、中国人の真似をします。「社長、いないあるよ、あんた、たれ?」「わたし、るすばん、あるね」「あ~、にほんご、よくわかりません」などと、しばらく楽しんでいると、向こうから切ります。

 

 

私のセールス電話撃退法です。
ハウスクリーニング → 「掃除が生きがいです」
浄水器 → 「長生きするつもりありません」
ダイエット関連 → 「これ以上痩せたら困ります(ちなみに体脂肪31%)」
マンション → 「死ぬまで賃貸アパートで暮らします。ポリシーです」
布団の丸洗い → 「新しい布団買った方が安い程度の布団しかありません」
食材の宅配 → 徒歩での買出しはトレーニングです。

 

私も今の仕事が『広告営業』なので、あからさまに「社長は死にました」とか、「いつ戻ってくるか分からない」などと対応されると、やはりいや~なものです。まして、うっとおしそうにがちゃんと音を立てて切られようものなら、電話ノートに「対応最悪!*****!」としっかり記録し、「絶対その会社の商品など利用するもんくわ~!」と決心。機会があれば、周りにも「あそこは良くない」と当然口コミします。ぐふふ、女をなめるなよ~。

 

        

 

    

 人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母がデパートで買ったばかり... | トップ | 年中無給 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。