無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

猿と狸

2015年05月31日 | 面白画像

昔、織田家は何もない地方の豪族だったが、そこの家臣たちは神を篤く信奉していた。
そこで神様が篤い信仰に報いようと織田家臣たちの前に降臨し、
これから産まれてくる嫡男になにか望みはないかと尋ねた。

人々は世界一の戦略眼を望んだ。神は言う「よろしい、かなえよう」
人々は世界一の武力を望んだ。神は言う「よろしい、かなえよう」
人々は世界一の健康を望んだ。神は言う「よろしい、かなえよう」
人々は世界一の子のでき易さを望んだ。神は言う「よろしい、かなえよう」
人々は世界一の異質に対する柔軟さを望んだ。神は言う「よろしい、かなえよう」

そして最後に人々が世界一の忠臣と盟友を、と言おうとすると、
神は「ではさらばだ」といって天上にお還りになった。
以来、織田家の恵みは猿と狸ものとなっている。

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛行機が墜落しそうになった | トップ | これがタイムマシンです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。