無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物

2015年04月01日 | ニュース

何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物

 カラパイアでは度々変わった造形や生態を持つ植物を紹介しているが、今回もキワモノを集めてきた。えっ?何目的?人間を驚かせる系なやつ?悪魔が来たりて笛を吹いちゃったらできちゃった?てな具合の奇妙ながらひかれる部分もあるかわいい地球の仲間たちだ。

 インテリジェントデザイン説は信じてないけど、「知性ある何か」によって生み出されたような気もしなくもないよな。

 
 

 

ヒドノラ科植物(Hydnora africana )

3_e0

no title

2_e0

 このモンスターのような南アフリカ原産の地中植物は、地球上にあるもっとも奇妙な植物のひとつだ。見かけがとても変わっているが、南アの乾燥した地域では比較的普通に見られる。地元では「ジャッカルの食べ物」と呼ばれることもあるが、葉も根も葉緑素もない。厳密に言えば寄生植物で、一年近くかけて地中から花が現れる。

 そのグロテスクな外見と悪臭にもかかわらず、おいしい果実をつけ、火であぶって食べるとおいしいんだそうだ。果実には収斂性があり、漁網の保護や、日焼け、ニキビ対策として洗顔に使う。

2. ユニフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria uniflora)

4_e0

5_e0

6_e0

 「ダーウィンのスリッパ」、「幸せなエイリアン」、「チャンバー・メイド」などの呼び名がある。この山の花は本当にユニークだ。ダーウィンが1831年から36年の間に発見した。寒い気候を好み、南米のティエラデルフエゴでたくさん見られる。花の小さな白い部分に鳥が引き寄せられ、食べている間に鳥の頭に花粉がくっついて、受粉してもらう仕組みだ。2つだけつく花の背丈は低く、足元の低い場所で見つかる。


3. リトープス(Lithops comptonii)

9_e0

7_e0

no title

 別名「生きている石」としても知られる南ア原産のこの多肉植物は、その進化の過程で干ばつに強く変化した。もっともユニークなのは、硬い石そっくりの葉から、白か黄色のデイジーのような花を咲かせる。育てるには、葉を一枚摘んで丸石を敷き詰めた鉢にさしてやれば根付く。


4. オオパイプカズラ( Aristolochia gigantea)

10_e0

12_e0

11_e0

 ブラジル原産。どことなくシャーロック・ホームズが持っているパイプのような形をしている。ジャイアント・ペルシアン・プラントの別名もある。そのゴージャスな外見にもかかわらず、においは強烈。アオジャコウアゲハが、自生の宿主植物とこの花と間違えてしまい、彼らの繁殖に打撃を与えることがある。オオパイプカズラは確かに宿主植物と外見が似ているのだが、アゲハの卵を守ってくれないどころか、幼虫を殺してしまうのだ。

5. スターフラワー(Stapelia grandiflora ガガイモ科多肉)

29_e

28_e

30_e

 スターフィッシュ(ヒトデ)フラワーと呼ぶほうが適切かもしれない。腐肉のようなにおいを発するカリオン植物。そのユニークで目立つ外見と大きなけばけばした花のせいか、植物マニアなどに人気。花の色は深紅から紫、淡いピンク、藤色、黄色までさまざま。毛深く革のような花は目を引くかもしれないが、その悪臭には逃げ出したくなるかもしれない。ハエによって受粉が行われるため、腐肉のようなにおいのほうがよりハエを引き寄せるのに都合がいいのだ。


6. プレウロタリス・ツルンカータ(Pleurothallis truncata)

31_e

32_e

33_e

 まるで水平に咲くオレンジ色のスズランのように見えるが、実際はランの一種。プレウロタリス属で、小さな花が赤ちゃんのボンネットに似ていることから、ボンネット・オーキッドと呼ばれることもある。低木を覆ったり、上に高く伸びたり、群生したり、地面をはったりと、さまざまな成長の仕方がある。通常のランと違って、低温を好み、湿気を嫌い、高地でもっともよく育つ。


7. デビルズ・ハンド(Chiranthodendron pentadactylon )

37_e

38_e

39_e

 モンキーズ・ハンドとか、モンキーズ・ポーと呼ばれることもある。メキシコ原産で、古代アステカでは特に宗教的に重要な意味があるとみなされ、昔からずっと鉤爪のような花が収穫されてきた。土臭い味のする果実ができ、心臓病を治療する薬として使われてきた。ほかの熱帯植物と違って、極めて丈夫で成長も早い。12メートルから27メートルの高さになることがある。


8. ウェルウェッチア(Welwitschia mirabilis 和名:キソウテンガイ)

40_e

41_e

42_e

 一見、花に菌類がくっついているように見える。非常に寿命の長い植物だと考えられていて、ジュラ紀以来、1500年も生きた例もあるという。地球上で、アンゴラとナミビアの間のナミビア砂漠の限られた場所でしか見ることはできない。この多肉植物が何千年も変わらずにこんな乾いた大地で生き続けてきた理由は、霧や露から水分をとっているからだ。


9. 砂漠エンドウ(Swainsona formosa)

43_e

44_e

no title

 この奇妙な花は、乾燥した気候で生き延び、繁殖していくための進化の産物だ。血のように赤い花弁と中央にある黒紫の球根のようなもののせいで、まるでエイリアンのように見える、オーストラリアでもっともよく知られた野草。この植物はきちんと保護されていて、オーストラリア政府からの特別な承諾書がなければ、採取することは違法となっている。


10. クフェア・ラベア(Cuphea llavea)

46_e

47_e

 まるで悪いコウモリの顔をしたようなこの植物はメキシコやジャマイカなどに生息する。別名バットフェイスクフェアとも呼ばれている。紫色の長い萼筒(がくとう)を持ち、そこから真っ赤な2枚の花弁が上向きにでている。

via:flowersacrossmelbourne・原文翻訳:konohazuku

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大阪人は地獄見る」 自民... | トップ | 近代的テクノロジーと伝統が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。