無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

ある羽振りの良い弁護士

2014年08月06日 | 面白画像

弁護士とは・・・

 ある羽振りの良い弁護士が、彼が買ったばかりのレクサスの新車を事務所の前に停め、自分の同僚たちに見せびらかそうとしていた。 彼が車から出ようとしてドアを開けた時、1台のトラックが直ぐ脇を通ったので、この新車の左ドアは完全にもぎ取られてしまった。

 幸い、パトカーに乗った一人の警官が直ぐ近くに居て、この事故を見ていた。 彼はライトを点滅させながらレクサスの後ろにパトカーを停めた。 だが警官がまだ何もひと言も尋ねない前に、弁護士はヒステリックに叫んだ。 「 このレクサスは一昨日買ったばかりなんだ! こんなに完全に壊されてしまい、修理屋に持って行って直したって元通りになんかなりっこない! 」

 弁護士が狂乱状態からようやく少し落ち着いてきた時、警官は信じられないとばかりに首を振った。 「 私はあなた方弁護士がそんなに持ち物にばかり執着している事が信じられないんですよ。 あなた方は思考が全て所有物に向いていて、生活にとって一番大事な事を忘れてるんです 」

 すると弁護士は言った。 「 キミ、何故そんな偉そうな事言えるんだ 」

 「 あなたはご自分の左腕がなくなってることに気付いてないんですか? トラックがあなたにぶつかった時、あなたの左腕をもぎ取って持って行ったんですよ 」

 「 そりゃ大変だ! 」 と弁護士は叫んだ。 「 あの腕には上等なローレックスが付いてるんだ! 」

 

米国の弁護士の中には金儲けしか眼中にない物欲の権化みたいな人が少なくない事を皮肉っています。 それと、米国の車は左ハンドルで道路の右側走行だということにご留意。 それにしても、米国では高級車の代名詞がキャデラックやメルセデスでなく、トヨタのレクサスになってしまったことに驚きます。

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。


クリックをお願いします↑↑↑↑


ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校で先生が 「 キミの一番... | トップ | おじいさんとおばあさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。