無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

2016年、野生生物フォトコンテストの最終選考に選ばれた写真

2016年09月18日 | ニュース

  



 イギリスのロンドン自然史博物館が主催する「野生生物写真コンテスト」(Wildlife Photographer of the Year)が今年も開催され、最終選考に残った作品が公開されている。

1. 漁船のニシンを狙うシャチ (ノルウェー)
01_e

(c) Audun Rikardsen


 移動するニシンの群れを発見するシャチやクジラの性質を利用し、彼らを追うノルウェーの漁船。だが近年では逆に漁船の網にかかったニシンを目当てにする大きなオスのシャチがいる。お互いに助け合う関係ともいえるが、危うい側面があることも否めない。 photo:Audun Rikardsen

2. おせっかいななお隣さん (イギリス)
02_e

(c) Sam Hobson


 イギリスではキツネの都市と呼ばれるほど有名なブリストルの郊外の路上で、壁の上に仕掛けておいたカメラに写ったキツネ。まるでお隣さんのことが気になって、いてもたってもいられない隣人のようなアカギツネの好奇心旺盛な性質を伝える作品に仕上がった。 photo:サム・ホブソン

3. センザンコウで遊ぶ (ニュージーランド/南アフリカ)
03_e

(c) Lance van de Vyver


 数時間にわたり追跡していたライオンの群れが、ふと水たまりに立ち止まった。のどの渇きを癒すのかと思ったが、彼らが目に留めたのはサバンナセンザンコウだった。鎧のようなうろこで守られたセンザンコウは、ライオンでも歯が立たないほどの頑丈なボールに姿を変える。 photo:ランス・ヴァンデヴィヴァー

4. 消える魚 (スペイン)
04_e

(c) Lago Leonardo


 ユーモラスな顔つきをしたシロガネアジはカモフラージュの達人でもある。近年の研究では、彼らは捕食者や獲物からはほぼ消えたように見える偏光を反射するため、皮膚細胞の中の特殊な血小板を使う可能性があるとも言われている。その血小板は単なる鏡の反射よりも優秀で、太陽の角度や魚に応じて偏光を散乱ささせる。 photo:ラゴ・レオナルド

5. 高炉 (フランス)
05_e

(c) Alexandre Hec


 ハワイのキラウエア火山の溶岩が海に流れ込む様子は壮観だ。1983年から絶えず噴火をし続けているこの火山は世界で最も活発といわれており、1000度を越える灼熱の溶岩が海に入ると、激しい音と共に蒸気が立ち上り、塩分が高い酸性の霧や雨が生まれる。 photo:アレクサンドル・ヘック

6. 精密な制御 (スペイン)
06_e

(c) Mario Cea Sanchez


 スペインのサラマンカでは廃屋に住み着き、毎晩狩りに出かけるコウモリがいる。30頭ほどの群れを成すコウモリは一晩で一頭当たり3,000匹もの昆虫を食べる。彼らの飛び方は高速だがぎくしゃくとしているのは、闇の中で超音波を操りながら獲物を探し出しているためだろう。 photo:マリオ・セア・サンチェス

7. シロアリ投げ (南アフリカ)
07_e

(c) Willem Kruger


 巨大な鉗子のようなくちばしの先端を使い、シロアリを投げ上げては飲み込むミナミキバシコサイチョウ。南アフリカのカラハリトランスフロンティア公園に止まっていた車の横で食事をしていたところを撮影。つまみ食いに夢中になっていたようだ。 photo:ウィレム・クルガー

8. 黄金の面影 (インド)
08_e

(c) Dhyey Shah


 インドやブータンの森で暮らすゴールデンラングールは、野生における成獣の数は2500頭を切り、絶滅の危機に瀕している。樹上で暮らす彼らの観察は非常に困難だが、インドのアッサムの川にある小さな人工島ウマナンダにある寺院では確実に見ることが可能だ。実際、現地でボートに乗った途端に木に登るゴールデンラングールの姿をとらえることができた。 photo:Dhyey Shah

9. 星空の下の群れ (ハンガリー)
09_e

(c) Imre Potyo


 星空の下、ハンガリーのラーバ川の上で混沌とした群れを作るカゲロウたちの幻想的な姿をとらえた一枚。毎年7月から8月の間の数日ドナウ川の支流から幼虫から成虫になったカゲロウたちが大量に現れる。この時は日没直後で、水面近くで群れて交尾を終えたカゲロウのうち、メスだけが高い場所に移動する様子を見ることができた。 photo:Imre Potyo

10. アザミ採集機 (イギリス)
10_e

(c) Isaac Aylward


 紫色のヤグルマギクと草原を背景に、赤い羽の色が印象的なムネアカヒワがたたずむという絵画のような風景。彼はブルガリアのリラ山脈でハイキングをしながら、アザミの羽をついばむムネアカヒワの姿を待ち続け、ついにその姿をカメラに収めた。 photo:イサック・エイルウォード

11. 集団求愛 (オーストラリア)
11_e

(c) Scott Portelli


 南オーストラリア州のアッパースペンサー湾の浅瀬では毎年冬になると、一生に一度きりの産卵に集まるオーストラリアコウイカが見られる。オスは産卵に適したメスを巡り争い、メスを引き付けるため体の色や質感を変化させる。体長1mにもなる世界最大のコウイカたちの争いは熾烈で、オスの数はメスの10倍を上回るほどだという。 photo:スコット・ポーテリ

 これらの写真が鑑賞できる第52回野生生物写真展は10月21日よりロンドン自然史博物館で開催される。

via:ufunkdpreview・translated byいぶりがっこ / edited by parumo

 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界びっくりニュース一覧 2... | トップ | 世界びっくりニュース一覧 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。