無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

山中教授が4つの新目標 ストック今秋にも提供開始 34年度には日本人の80~90%カバー目指す

2015年05月08日 | ニュース

山中教授が4つの新目標 ストック今秋にも提供開始 34年度には日本人の80~90%カバー目指す iPS実用化へ急ピッチ 京大

 拒絶反応が起こりにくいタイプの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を備蓄するストックプロジェクトを進める京都大iPS細胞研究所は、再生医療に利用できる安全性を備えたiPS細胞の提供を今秋にもスタートさせる。同所長の山中伸弥教授は、平成27年度から新たに掲げた4つの目標のなかでもストックの活用を筆頭項目に掲げており、34年度には日本人の80~90%をカバーできるiPS細胞をそろえることを目指す。

 ◆時間と費用を節約

 山中教授が新たに設定した目標は、iPS細胞ストックを柱とする再生医療の普及▽個別化医薬と難病の創薬の実現▽新たな生命科学の開拓▽研究環境の整備と研究支援の充実-の4つ。平成42年までの達成を目指す。

 筆頭に位置づけたストックプロジェクトでは、献血事業を行う日本赤十字社などと連携。献血ドナーなどの中から拒絶反応が起こりにくいタイプの細胞を持つ人を探し、同意を得たうえで提供してもらい、iPS細胞を作製している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国“自業自得”の苦境…英ロイ... | トップ | 眠れない?夜中に目が覚めち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。