無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

本物の魔女が語る「魔女の実体」 ― 魔女になるためには!?

2015年03月01日 | ニュース

本物の魔女が語る「魔女の実体」 ― 魔女になるためには!?

 数年前、ドイツ・ポーランド・チェコを結ぶ一帯に『魔女街道』なる道ができた。この一帯には、敬虔なカトリック教徒が数多く暮らすこともあり、かつて「魔女裁判」の件数が特に多かったとされるが、これらの地域をつなぐことで、一種の観光ルート化しようという試みである。実際、ポーランドのニサという町には『魔女博物館』があり、拷問を受ける魔女たちの像をはじめ、「鉄の処女」や釘だらけの椅子など、数々の拷問器具も展示されている。加えてこの一帯では、年に数回「魔女祭り」のイベントも行われており、一般の観光客も参加可能とのことなので、現地を訪れる機会がある人は、立ち寄ってみることをお勧めしたい。

 しかしその前に、この「魔女」について、あなたは一体どこまで正しい認識を持っているだろう? そもそも、魔女とは何者なのか? 筆者自身も魔女であるが、日本では、グリム童話に出てくるような「悪魔と契約する」「子供を生贄にする」「呪いを行う」といった誤ったイメージを持たれること事が多いように感じている。今回は、魔女の実体についてお話させていただこう。


■魔女とは何者か

 基本的に魔女とは、魔術(薬草等による自然療法・占い・悩み相談・ヒーリングなど)を行う女性のことであり、広義にはこれらの能力を持つ男性(魔男)も含まれる。日本でいうところの「巫女」に近い存在なのだ。

Witchcraft_3.jpg

画像は「Wikipedia」より

 魔女たちは、クライアントの依頼で黒魔術を行うことはあっても、「悪魔と契約する」ことはなく、ましてや「子供を生贄にする」など法に触れた行為に及ぶこともない。また、一般的には自分の欲望のために魔術を使うこともない。

 魔術の儀式形態は各国・地域によって様々だが、簡単に言えば、人間(特に女性)が生まれながらに持つ霊性や“第三の目”、“念の力”により、守護霊や自然霊魂から力を借りようとするものだ。筆者の場合は、魔法陣をきった後に、自然界の力を借りて、白魔術の場合は「愛」「希望」といった“良い念”をターゲットに注入する。逆に黒魔術の場合は、「憎悪」「怒り」といった“悪い念”を、怨みの霊魂の力をもってターゲットにぶつける。

■魔女になるには?

 魔女になるために、特別な学校に行く必要もなければ、特定の団体に所属する必要もない。『ハリー・ポッター』に代表される魔術・オカルト大国、イギリスには、「魔女協会」や「魔術学校」なるものが存在するようだが、そもそも前述の“第三の目”や“念の力”は誰しもが持っている力であるため、講師の元で長年の修行を重ねずとも、勘が良い女性であれば明日からでもなれるのだ。

 ちなみに筆者の場合、母方がポーランドの魔女の家系、父方の先祖にはアイヌのシャーマンがいたという遺伝的要因もあり、物心ついた頃から、学校の勉強よりも魔術に関心を抱いていた。そのため、自身がいつ魔女に目覚めたのかはっきりとは覚えていない。このように、家系からくる遺伝的要因がきっかけで魔女に目覚めるケースもあるが、要するに魔女になるには、こめかみの辺りにある霊感を掌る「第三の目」と「チャクラ」(気の出入口)を開花させればよい。

 これは、瞑想して自らの雑念を祓ったり、パワースポットに行くことで開花しやすくなる。また、霊能力が強い人間に遭うことで突然開花することもある。しつこいようだが、誰でも“第三の目”や“念の力”を持つ。しかし、現代は地がコンクリートで、空が高層ビルで遮断されているが故に、守護霊や自然霊魂の声が聞きとりにくくなり、その結果、開花しないままになっている人間が多いだけの話である。もし魔女になりたい方がいたら、くれぐれも、高額なツアーやボッタクリ霊能者には騙されないよう注意いただきたい。


■現代の魔女を取り巻く状況

 さて、日本ではどちらかと言えば怖いイメージを抱かれる魔女だが、ポーランドをはじめ、過去に魔女裁判が行われた前述の地域一帯でも、いまだ忌み嫌われることが多い。敬虔なクリスチャンは、キリスト教と異なる価値観(魔女・占い・オカルト等)を許容できないものなのだ。魔女に関するポーランドの言い伝えには、「紐等に身に覚えのない結び目を見つけた時は魔女の呪いが原因である」「晴れているのに雨が降っているときは、魔女がバターをつくっている」等、論理の飛躍が甚だしいものまである。

 2003年、ポーランド南部のクラクフ郊外で、隣人に魔女(魔男)の嫌疑をかけられた男性が、名誉棄損であると訴えた事件があった。隣人が、「彼から牛を買ったその日から、悪いことばかりおきる。彼が魔術をかけたに違いない」とあちらこちらで言いふらしたのが原因だそうだ。悪いことの内容はと言えば、牛乳が出ない等の些細なことだったらしいが、ポーランドの多くの地域では、牛が乳を出さないのは「魔女(魔男)に魔術をかけられたため」という昔からの迷信があり、特に年配のポーランド人の多くが今も信仰している。「魔男」が被告ではなく、原告の立場だったという点は現代的であるとも考えられるが、いずれにしても、魔女を取り巻く現状は、今の時代に至っても偏見と錯誤に満ちたものであると言わざるを得ない。

 今回の記事によって、魔女に関する正しい社会的理解のため、わずかながらでも貢献できれば幸いである。

 

fukatukiyuria.jpg

 

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

    

 

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬は座布団。もしくは座椅子... | トップ | ドローンが給仕するレストラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。