無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

盲点だったかも?痩せるために必要なたった1つの簡単なこと(米研究)

2015年03月01日 | ニュース

盲点だったかも?痩せるために必要なたった1つの簡単なこと(米研究)

 いやこれは言われてみると納得だし、実際自分も身をもって体験していることがデータとして裏付けられた結果となったようだ。適度な運動、食事療法など様々なダイエット法があるが、もっともシンプルで、確実な方法があったようだ。

 毎日体重計に乗る。

 ただそれだけのこと。だがこれが、食べ過ぎちゃった日なんか、乗ったらどうなるか、その結果が怖くてなんとなく避けたりしちゃうよね。

 米デューク大学の研究チームが行って研究によると、体重測定を毎日欠かさず6ヶ月間行った人は男女ともに約9kgと、他のダイエットを試した人の3倍も体重を落とすことに成功したそうなのだ。この数字は、心臓病をはじめとする疾患のリスクを下げるために必要な、最低限の減量目標を大きく上回っている。

 こうした効果は、日々の体重の変動を把握しておくことで、体重が増えたら即座に行動を取れるようになることから得られるようだ。また、体重の減少を目の当たりにすることがダイエットを続け、食事の誘惑に耐える動機を支えてくれるらしい。

1_e10

 同チームは肥満気味の47名にダイエットの指導を行ない、6ヶ月間毎日体重を測るように指示した。被験者は実験の開始時と終了時に詳細なアンケートにも回答している。このアンケートには食事の内容と食事の時間、テレビを観た時間、運動の量を記載する項目があった。

 その結果、毎日体重を測った人の減量の平均は9kgで、計測の頻度が劣る人よりも約6kg多く痩せていたことが判明した。前者は後者の人よりもカロリー制限を行う確率が3倍も高かったのだ。また、間食やデザートを減らした割合も2倍以上高かった。さらにテレビの視聴時間も短い傾向にあったという。

2_e11

 これは、「行動の変化をもたらす自己管理のスイッチが入る」ことによる。

 ちなみに1週間に5回の体重測定でも、効果は劣るものの、それなりの成果を残すことができるようだ。ナショナル・オビシティ・フォーラムのタム・フライ氏などは毎日が効果的な場合もあるとしながらも、週に1度の体重測定を勧めている。その理由として、あまり体重測定にこだわりすぎると、そのことに不安感を覚え、極端なダイエットに走ったり、気を紛らわすためについつい食べ物に手を伸ばしたりといった結果に繋がる可能性があるからだそうだ。

via:dailymail・原文翻訳:hiroching

 いやほんと、マジこれ。実際に私もダイエット中は毎日体重計に乗って記録したりしていたのだが、ダイエット期間が終わると徐々に遠のいていって、まさかそう簡単にリバウンドなどしないだろうと思って乗ってみると、ダイエット前の体重に戻っていてはいやり直しってなる。

 なので毎日乗るよう意識しているわけだが、食べ過ぎた日はパスしたくなっちゃうよね。ってことで今日から真面目に体重計に乗るとしよう。この冬蓄えてしまったものを解放するために。

        

 

    

 

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人をお誕生会に招いたが誰... | トップ | 「世界で最も美しい顔ベスト1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。