無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

持ち手付きの仮面で顔を隠した

2014年08月03日 | 面白画像

伯爵夫人と首飾り
 夕方から始まったパーティーは、二人が到着する頃には、かなりの盛況ぶりだった。
石造りの重厚な外観とは打って変ったきらびやかな室内には、“美と退廃”というテーマに因んで、思い思いに着飾った人々が、ひしめきあっている。
ヴェニスのカーニバルよろしく、羽根飾りの沢山ついた仮面を着け、十八世紀風の大きなスカートをひきずって歩く婦人。体にぴったりとした革のボディスーツに、虹色に光るサングラスをかけた男。薄い絹のスカーフを頭からすっぽり被ってしまっている女性など、その装いはバラエティーに富んでいる。
王はいつもの様に、白地に金糸で刺繍を施した東洋風の裾の長い袍を着ていた。
白磁の様に滑らかな肌に合うよう、白いシルク・シフォンの細長いスカーフを目隠しのようにして結んでいる。
そうやっていてさえも、この男が人目を引かずに済むという事は無かった。
「よくそれで見えるね? 銀月」
王は巽の方を向いて、口元を笑いの形に歪めてみせ、「見えるよ」と、言った。
中世欧州風の、細かな刺繍の入った上下に、ひらひらと揺れる大振りのレース飾りが沢山ついたシャツを着た巽は、まるで陶器で出来たビスクドールのようだ。
彼はちょっと肩をすくめてみせ、持ち手付きの仮面で顔を隠した。
「どうせそうやってたって、人の心の中まですっかりお見通しなんだな?」
「……まぁね」
 と、王は曖昧に笑った。
 広いホールの中は、雰囲気を出す為に、窓には分厚いカーテンが引かれ、きらきらと光るシャンデリアのクリスタルが、微妙な陰影を落としている。
黒いドレスを着た、見事なブロンドの巻毛の女性がこちらへ来るの気付いて、王が巽に耳打ちする。
「あれがクライスラー夫人だよ」
夫人はシンプルな形ながら、全身を黒い細かなビーズで飾られた、ちらちらと光るドレスに、目の所だけ隠す、昔風の仮面を着けていた。が、なんといっても巽の目を引いたのは、彼女の首にかかった首飾りだった。
うずらの卵程の大きさのルビーが五つもついた、大きな首飾りである。
「こんばんは。クライスラー夫人、ですね?」
 王が愛想よく挨拶する。
「まぁ、お判りになる?」
 四十を幾許か越えた夫人は、若い二人に対しては、少し砕けた調子で応じた。
「ええ、判りますよ。お招きありがとうございます」
「わたくしも、貴方が誰か判っておりましてよ、男爵」
「恐れ入ります。――こちらは私の友人です。名前は――まぁ、伏せておきましょうか。折角の仮面舞踏会ですから」
「はじめまして」
王の紹介に応えて巽が挨拶すると、夫人は貴族的な、つんと澄ました頭をちょっとだけ傾けて微笑した。
巻毛が顔の周りでふわふわと揺れる。
「まあ、可愛らしい方ね。日本人かしら?」
「ええ、そうです」
「わたくし、日本には行った事はありませんけれど、良い所なのでしょうね?」
「ええ、まぁ――イギリスと同じ位に良い所ですよ」
巽の答えに、イギリス人の夫人は、満足そうに頷いた。
「今日は楽しんでらしてね」
そう言うと、彼女はまた、新しい客の方へと歩いて行った。
「大っきな首飾り!」
巽が呟くのを聞いて、王が同意を示すように頷いた。
「ああ、あれかい。有名だよ、色々とね」
「有名なの?」
「うん。クライスラー夫人と言えば、ルビーの首飾り。って具合にね。一年ほど前にご主人が多額の保険金をかけた事で、随分噂になったんだよ」
「へぇーっ! 保険――で、ご主人は何処にいるのさ?」
「今はいないよ」
彼は声を落として、そっと耳打ちする。
「別居中なんだよ」
それから気分を変えるようにこう言った。
「幸星が欲しいと言うんなら、一つ誂えてあげるよ? あんな風に大きなルビーの奴を」
「ううん、いらない」
首を振って、巽はくすくす笑った。冗談だと思ったのだ。
「――そうかい」
王も笑って受け流したが、その声には少し残念そうな、寂しそうな響きが残った。
その時、ふっと目の前が真っ暗になった。
巽は驚いて、傍らの王に手を伸ばした。王がすぐにそれに応えて握り返す。
急な暗闇に目が慣れず、目の前にいる筈の彼の姿すらわからない。握った手の温もりだけが頼りだった。
どこかで小さな悲鳴や、怒声が幾つか聞こえ、会場が騒然となる。
「停電……か?」
元々目隠しをした状態だった王は、巽の思考を通じて、漸く事態を飲み込んだようだ。
パッと、また突然に明りがついて、人々は一瞬安堵のため息を漏らした後、口々に感想を述べ出したので、一段とざわざわと騒がしくなる。
その時、絹を裂くような悲鳴が走った。
クライスラー夫人が、騒ぎの中央で、胸を押さえて突っ立っていた。
「――ない! 無いわ。わたくしの……首飾りが……!!」
その白くて歳の割りには美しい首筋に、あの大きなルビーの首飾りは無かったのだ。

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。


クリックをお願いします↑↑↑↑
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 役所にて。  | トップ | 男が裸で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。