無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

穴があいていて

2014年11月03日 | 面白画像

中世ヨーロッパの話しです。
ある国の王様が出かける事になりました。
ところが、王様は自分の妃のことが心配でたまりません。
そこで王様は家来を集め、
「いいか、私の妃には何があっても手を出してはならんぞ」
と言いつけましたが、まだ心配です。
そこで王様は鍛冶屋に特別な貞操帯を作らせました。
この貞操帯には穴があいていて
中に何かが入るとそれをたちまちに切ってしまいます。

そして王様が城に帰って来ました。
留守にしていた家来が王様を迎えます、
「王様、お帰りなさい」
「おい、お前ズボンをおろせ」と王様はいいました。
家来の一人はズボンを脱ぎました。
「下着も脱げ」
家来は言うとおりにしました。
すると途中からがなくなっているものがあらわになりました。
「けしからんお前は死刑だ、次はお前!」 
次の家来も同じようになっていました。

その次も、そのまた次に脱がせられた家来も同じようになっていました。
「むむ、なんということだ・・・最後、お前!」
見ると、最後に残った家来のモノはちゃんとしていました。
「おお、素晴らしい、嬉しいぞ。褒美をやろう何でも好きなものを言え」
「フアー、フォフォ、フェ、レロレロレロ・・・・・」

 

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                 

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6歳のビリーが母親に尋ねた | トップ | アメリカのガキの遊び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。