無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

貸家暮らしの勧め

2015年05月27日 | ニュース

貸家暮らしの勧め

 親友の一家が、転勤先から3年ぶりに帰ってくる。門倉修造は、いつものように借家探しを引き受けた。見つけたらまず、大家に大きな菓子折りを届けて挨拶する。植木を入れて垣根を繕(つくろ)う。

 ▼当座の所帯道具が調(ととの)ったのを確かめると、風呂の焚(た)き口にしゃがみ込んだ。親友が長旅の疲れを癒(い)やす最初の風呂は、どうしても自分で沸かしてやりたかった。向田邦子の小説『あ・うん』の冒頭場面である。舞台となった戦前の東京では、貸家暮らしが普通だった。

 ▼戦後の日本は、持ち家社会に転じる。多くの日本人にとって、マイホームが人生の最大目的となった。住宅建築が経済成長を促した面もある。時は移り、少子高齢化と人口減少が加速する時代を迎えたというのに、新築物件の供給は続く。

 ▼全国で空き家が800万戸を超えるのは、当然の成り行きだった。特に倒壊の恐れや、ごみが放置されて衛生上の問題がある空き家は、周辺住民にとって迷惑この上ない存在である。そんな危険な空き家の所有者に対し、市町村が撤去を命令できる「空き家対策特別措置法」がきのう、全面施行された。

 ▼もっとも所有者が拒んだ場合、税金を投入して解体すべきか。財政難の自治体は、頭を抱えることになりそうだ。そもそも空き家の再利用や中古住宅市場の活性化が進まなければ、問題の根本的な解決にはつながらない。

 ▼「他人の家を我が家のやうに手をかけて…はひつた時と見違へるやうになつた時分には、もうそろそろ家に厭(あ)きてくる」。明治、大正、昭和を生きた日本画家の鏑木清方(かぶらき・きよかた)は、引っ越し好きで典型的な江戸庶民だったという母親について、随筆に書いている。今から思えば、貸家の札が目につく町の暮らしは、贅沢(ぜいたく)だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党 沖縄の正装「かりゆ... | トップ | 「日本米も農薬は使っている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。