無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

六代目三遊亭円生の噺、「紺屋高尾(こうやたかお)」

2015年04月19日 | 落語・民話

六代目三遊亭円生の噺、「紺屋高尾(こうやたかお)」によると。 

 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。

話を聞くと、国元に帰るため初めて吉原に連れて行かれ、当世飛ぶ鳥を落とす勢いの三浦屋の高尾太夫の道中を見て恋患い。

錦絵を買い求めたが、全て高尾太夫に見える。

10両で会えるだろうから3年働き9両貯めて1両足してそれで連れて行くという。

久さん元気になって働き、3年後、その金で買うから渡してくれと親方に言うと、気持ちよく着物も貸してくれて送り出してくれた。

 お玉が池の医者の竹之内蘭石先生に、連れて行って貰う。

流山の大尽として、首尾良く高尾太夫に会えた。

挨拶の後、「こんどは何時来てくんなます」、

「3年経たないとこれないのです」と泣きながら全て本当のことを話すと、

高尾は感動し、こんなにも思ってくれる人ならと、

「来年の3月15日に年(年季)が明けたら、わちきを女房にしてくんなますか」。

久さんうなずき、夫婦の約束をする。

揚げ代は私が何とかしますし、持参した10両と約束の証にと香箱の蓋を太夫から貰って、久さんは亭主の待遇で帰って来る。

 翌年約束の日に、高尾は久蔵の前に現れ、めでたく夫婦になる。

 

 

↓のキーワードをクリックしてみて

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怖すぎ・・・海岸で呪いが込... | トップ | 八代目桂文楽の噺、「素人鰻」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。