無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

私の人生にはどうしてもあなたが必要!

2014年11月07日 | 面白画像

「私の人生にはどうしてもあなたが必要!」と、妻が思う瞬間。
朝日のbeランキング(7/19)に「あなたの好きな昆虫」があった。
私「ねえねえ、1位なんだと思う」
妻「カブトムシ」
私「そうだよね。普通カブトムシじゃん。『ホタル』だって」
妻「はあ!?。ほんと朝日の読者ってウザい」
私「ま、朝日らしいっちゃー朝日らしいけど。こういうところが私も嫌い」

クワガタ、赤とんぼ、アゲハチョウ、鈴虫、オニヤンマ、てんとう虫、、、。

ヘラクレスカブトムシ妻「私は、でも、ホタルとかカブトムシとかクワガタ とかって、なんかゴキブリみたいじゃん。色とか飛ぶ感じとか、そういうのは全部嫌いだけどね」
私「えっ、全然違うけど」
妻「私には同じなんだよ。私、てんとう虫好きだったよ」
私「私は昆虫図鑑で見たヘラクレスカブトムシに憧れて、子どもの頃デパートまで見に連れてってもらったもの。あの巨大な角。『かっけー』って」
妻「子どもの頃から“無いものねだり”だったんだね」
私「無いものねだり言うな!(このことを言っている→「大きいほうじゃないと思う。」)

私「カマキリも好きだった」
妻「カマキリは私も好き」
私「チョンチョンって指でからかうと威嚇の構えをしたり、遊んでて飽きなかった。あと、交尾した後の共食い。食われるオスの眼がいいんだよ」
妻「共食い?」
私「卵を産むための栄養に、メスが必ずオスを食うじゃん」
妻「見たの」
私「見たよ。交尾しているのを見てれば、共食いするから」
妻「見たい、見たい」

私「あれ?。でも 、私の記憶では、交尾後離れてからメスがオスをカマで挟んでムシャムシャ食べてたんだけどな。これ、交尾中に食ってるね」
妻「……」
私「外敵がいない環境(飼育している)で20時間も交尾し続けたって」
妻「え~。それはどうだろう。私はそんなにされたくないなぁ~」
私「いやいやいやいや、カマキリの話だから。あっ、でも、耐久時間って言うのも男の1つの自慢のような気がする。遅すぎる遅漏は論外としても適度に持つって言うか」

妻「私は今な感じでいいからね。無理に伸ばそうとしなくて」

私「、、、あのね、そういうのできないのね。できる男もいるらしいけど、私にはできないから」
妻「そうなの」
私「そうよ。入れて、動かしている以上、もう、我慢とか私はできないから」

妻「私はできるよ」

私「できるの?」
妻「時々してるもん」
私「はあ!?。クンニ中に」
妻「そう。あ~気持ちいい。もうちょっとイクの我慢してあなたに舐められていようって」
私「止めてください!。なんか、初めての時からなかなかイカないなぁ~って思ってたけど……」
妻「だって、クンニでイったことなかったじゃん。あなたのクンニで初めてイケるようになったからさ。ずーっとやってて欲しいんだよね」
私「ま、私は、クンニには自信があるからね」

妻「うん、巧いと思う」

私「でしょう~」

妻「私もあなたも一人が好きじゃん。友だちとかいらないし、私は一人で生きていけるし、何でも自分で決めて好きなようにできないと我慢ならないじゃん。でも、あなたにクンニされてると『私の人生にはどうしてもあなたが必要!』って思うもの」

私「……(微妙)」

 

 

面白かったら、「ブログランキング」 

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 混沌の中から大地と空と海を... | トップ | 下半身にチラリと一瞥を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。