無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

インドネシア前大統領、「悲痛な韓国の過去は理解するが、それでも日本と友人に」

2015年05月25日 | ニュース

インドネシア前大統領、「悲痛な韓国の過去は理解するが、それでも日本と友人に」=「日本が先に謝罪してからだ」「本当に正しい言葉だ」―韓国ネット

2015年5月23日、韓国・中央日報は、「朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相は、単に会うだけはいけない。本当(genuine)の関係を結ばねばならない」とするユドヨノ前インドネシア大統領の言葉を伝えた。 

そのほかの写真

済州フォーラムに出席するため訪韓したユドヨノ前大統領は22日、中央日報とのインタビューで、「日本も今後10年の間に、過去に何をしたかを明らかにするだろう」と述べた。在任時代、不安定だったインドネシア情勢を安定させ、国格を高めたという評価を受けるユドヨノ氏は、「韓国の悲痛な過去の歴史はよく知っているが、前を見るのも重要だ」とし、「私たちはみな友人が必要だ。韓国と日本も同じだ。過去も直視し、将来も見据えたバランスを維持しなければならない」と助言した。 

さらに「アジアの最大の関心事は、中国の浮上だ。中国は最近、南シナ海で勢力を拡大し、周辺国との葛藤をもたらしている」とし、「中国も友人が必要であることを知っている。したがって、周辺国の言葉に完全に耳を閉じてはいないだろう。中国が一方的に行動すると、最終的に中国が損をする。アジアのすべての国が口をそろえて、このようなメッセージを投げかけねばならない。そうすることで、中国も聞く耳を持つ。国家とは、最終的には平和と安定を追求するものだ。それがなければ、経済は成長できない」と述べた。 

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。 

「忠告は日本にしてほしい。よく知りもしないで、出しゃばらないでくれ」 
「日本、北朝鮮、野党、従北左派、親露、全てコミュニケーション不可能だ」 

「日本と友人になるのは良いことだ。ただし、日本が先に謝罪してからだ」 
「本当に正しい言葉だ。『真実とバランス』、まさに世界を眺望する指導者だ。最近、ASEANからは良い言葉がたくさん出てくる」 

「中国と親しくなるよりは、日本と親しくするほうがまだ良い。日本の歴史歪曲(わいきょく)に対しては、日本国内でも一部の良心ある人々が議論しているが、中国にはそのような人々は一人もいない。さらに中国は、中国以外の国を軽視し、今もチベット自治区を自分らの土地と主張し、独立を叫ぶ関係者は弾圧し、観光産業を口実に漢族を移住させて、独立を妨害するために鉄道を敷き、南シナ海には、わざわざ人工島まで作って領土を拡大している。それに、日本の歴史歪曲は規模が小さいが、中国の歴史歪曲は、古朝鮮の時から、韓国が中国に依存していたと言っているように、とてつもない」 

「ユドヨノ氏は日本に取り入ろうとしている」 
「韓国は中国とは友人関係だが、日本とは敵対関係だ」 
「インドネシアは親日だから、こんなことが言える」(翻訳・編集/三田)


     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平らなモノだったら何でもテ... | トップ | マリファナを吸った罪で2人の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。