無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

死後のパソコンのデータ

2014年08月06日 | 面白画像


「死後のパソコンのデータ」

パソコンにはプライベートな情報がぎっしり詰まっています。

もし自分が急死してデータが無防備に残ることを考えたら死んでも

死にきれない。(笑)

絲山秋子の小説「沖で待つ」には、親友同士の約束・・・どちらかが

先に死んだら、生き残った方が相手のハードディスクを壊す・・・が結ばれます。

やや現実味が薄いですが、実際にはどうしたらいいんでしょうね。

ある期間パソコンに触れないと自動的にデータを消去してくれるソフトも

あります。でもデータを消去しただけではかなりの確率で復旧できてしまいます。

データをDropboxやEvernoteやGoogle Driveなどのオンラインストレージに

置くという手もありますが、容量制限や漏えいや著作権の問題があります。

さらにどんな方法もパソコンで日記を書いている最中に死亡した場合には

日記が画面やタスクバーや「最近使った項目」の中に残ってしまいます。

じゃあどうすればいいのか? まず「最近使った項目」を表示しない設定にします。

ついでTruecryptというハードディスクの一部に鍵をかけてしまっておけるソフトが

あります。その中にデータを入れておけば他人はそのデータを読むことは

できなくなります。このソフトの「鍵」は超強力で、某国では犯罪者がこのソフトを

パソコンで使っているというだけで罪科が重くなるそうです。

このソフトを使っていても、データを閲覧中に死亡などしたときには画面や

タスクバーに残ってしまいます。そこでさらにもう一つのソフトを使います。

PwOffTimerです。時間を指定してパソコンの電源を自動で切るソフトです。

オプション設定で強制終了を選ぶこともできます。

これであなたはいつでも安心して死ねます。(笑)

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。


クリックをお願いします↑↑↑↑

 

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンティークとは | トップ | ゴルフ場でジョーが今まさに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。