無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

怖ーーーい話

2014年10月11日 | 面白画像

夏のある日、2組のカップルが海水浴に出かけました。
仮にA、Aの彼女、B、Bの彼女とします。
Aはバイクで1人で乗り、残りの3人はBの車に乗りました。

日が暮れて帰る時に、ふとBが「競争しようぜ。」といいました。
ちなみに、それぞれのカップルは同棲しており、
同じアパートで知り合った4人なのです。
そこでAのバイクと、B、Bの彼女、Aの彼女の乗る車とで
お互いの家まで競争することになりました。

先についたのはBたちの乗る車でした。
勝ったのに喜ぶBのカップルに、Aの彼女は少し心配気味です。
Aはバイクの運転はとても上手いので、
本当なら先についていて当たり前なのです。

その日、Aは帰りませんでした。
そして次の日、目覚めたAの彼女は信じられないことを聞きます。
BとBの彼女がとても悲しげで不安げな様子で部屋にきていました。
「あのさあ....」
Bが口を開きます。
「今朝、警察から連絡があって、Aのやつ、
 カーブ事故で死んじまったらしいんだよ....」
「ガードレールに、凄いスピードで激突して.....
 即死だったらしい.....」
Aの彼女はずっと考えていましたから、
万一のこともあるだろうと分かっていたものの、
やはりショックで泣き伏せてしまいます。

しかしBたちが、更に驚くべくことを告げるのでした。
先に切り出したのはBの彼女です。
「朝.... 彼の訃報があったって言ったじゃない?」
「あのね、驚かないでね。
 あたしたち、そのあと部屋に誰かが来たの.....」
「誰だろうと思って、ドア越しに誰かしらって聞いたら....
 Aだって言うんだよ」
ビクビクした感じのBが割って話してきます。
「悪い冗談だって思って、すぐに怒鳴りつけてやろうと思ったけど、
 あいつが来たんだよ。
 俺らがその電話を受けてからすぐなんだよ.... だから....
 誰かがふざける余裕なんてねえだろうし.....
 俺ら怖くて、それで開けらんなかったんだ。
 そしたらいつの間にかいなくなってたんだ....」

そこでBたちはAの彼女に、
もしもAが来ても、ドアは決して開けるなといいました。
彼らが言うには、自分では死んだと思っていないAが幽霊になってやって来て、
自分たちを引きずり込もうとしているのでは....と。
Bたちが帰った後、Aの彼女はAとの思い出を巡らせ、
ひとり泣いていました。

その深夜、Aの彼女はドアをノックする音で目覚めました。
「もしかして....来たのかしら....」
彼女は必死でそれを無視します。
Aはドアを叩きつづけます。
「おい!」「俺だよ!」「ここを開けてくれよ!」
部屋の隅でAの彼女は必死に耳をふさぐのですが、
同時に彼との思い出と懐かしさにたまらず、
ドアの方に近寄るのでした。
「開けてくれよ、俺だよ!」
更に音はドンドン大きくなります。
そっと近づくアの彼女。
ドア越しに見えるAの影が見えて、涙が溢れてきました。
気付けばAの彼女はドアの前に立ち、
今にもドアを開けてしまいそうでした。
しかし、Bたちが言うようにAは死んでるはずなのです。
恐怖の中、Aの彼女は必死で声を出しました。
「.....なたは.....んだの....!!」
ノックは大きくなります。
Aの彼女はせめて成仏してほしいと願い、
決死の覚悟で一気にドアを開けました。
「あなたはもう死んだの!!!!」

『死んだのはお前らの方だよ!!!!』

そのままAの彼女は気絶していました。

そして、次に気付いた瞬間、彼女は治療室のベッドの上にいました。
目の前にはなんと、死んだはずのAがいて、泣いて喜んでいます。
状況が全く掴めない彼女にAは話しかけます。
「競争して、俺が家に着いても、お前たちはぜんぜん来なかったんだよ。
 それで来た道を戻ってったらお前たちの車がめちゃめちゃでさ。
 前の座席に座ってたBたちは即死だったんだ。
 でも、お前だけは軽傷ですんでたんだよ。
 でもずっと気を失ってて....」

 

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 助けてくれ! | トップ | 安倍政権の下、社会福祉と保... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。