無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「タイムスリップしたような…」時代劇の装いで観光客を“おもてなし” 滋賀県近江八幡市の八幡堀

2015年04月16日 | ニュース

「タイムスリップしたような…」時代劇の装いで観光客を“おもてなし” 滋賀県近江八幡市の八幡堀

 城下町の風情を色濃く残す滋賀県近江八幡市の「八幡堀」一帯で、近江八幡観光物産協会や有志のメンバーら約40人が武士や町人などの姿に扮(ふん)し、観光客をもてなした。

 時代劇のロケ地として八幡堀一帯が使われることから、同協会などが「時代劇の似合うまち」としてアピールしようと、昨年から取り組んでいる。メンバーたちは時代劇の登場人物に扮し、まちの中にさりげなく溶け込んでおもてなし。寸劇を披露したり、道案内役を務めたり、スタンプラリーのスタンプを押したりして観光客らを喜ばせた。

 求めに応じ、一緒に記念写真に納まる姿も。訪れた人たちは「風情ある景色に和装がとても似合っている。タイムスリップしたような気分」と話していた。

関連ニュース

【関西の議論】「マッサン」「るろ剣」も誘致…「ロケ大賞」の滋賀、名匠も感動させたサービスとは

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「時速1200キロ」の衝撃... | トップ | 「会いにこなければわいせつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。