無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

あそこを歩いているガキは、とんでもない間抜けでしてね

2014年12月28日 | 面白画像

客の男が果物屋の店先で主人と話し込んでいた。
そこに通りかかったのが、薄汚いボロを来た小さな男の子。
主人曰く、「おや?あそこを歩いているガキは、とんでもない間抜けでしてね」
果物屋はクックッと笑った。
「話の種にちょっと実験してみるから、見ててくださいな。おーい!トミー」
果物屋は大声を張り上げた。
「こっちだ。こっちに来い!」
トミーは、ぼんやりした顔つきでキョロキョロすると、
やっと果物屋に気づいた様子で、ノコノコと近づいてきた。
「な....なんですか。ウ....ウィリアムさん」
とトミーは聞くと果物屋は、釣り銭の中から汚い25セント貨と、
キラキラ光る10セント貨を選ぶと、地面にポンと投げた。
主人曰く、「おい、トミー。お前の好きな方をやるぞ」
トミーはしゃがみこんで、じっと2枚の貨幣を見比べていたが、
手に取ったのは、キラキラ光る10セント貨の方だった。

1時間後。
客の男は、通りでトミーを呼び止めて、
25セント貨を選ぶべきだったんじゃないかとアドバイスした。
トミーは、男の目をまっすぐに見つめると小さく微笑んだ。

「だって、おじさん。もし25セント貨を選んだら、それでもうおしまいでしょう?」

 

        

  


          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑      

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酔っ払った男が日本人の経営... | トップ | 成人して町に戻ったトミーが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。