無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

八代目桂文楽の噺、「素人鰻」

2015年04月19日 | 落語・民話

八代目桂文楽の噺、「素人鰻」によると。 

 明治の初め”武士の商法”を笑う話として、この噺が出来た、と思われる。

 元武士の主人が汁粉屋を始めたいと思っていたが、鰻さきの金に勧められて鰻屋を始めることにした。

酒癖の悪い金ではあるが、酒を断ったので頑張るという。

開業の初日、仕事が終わって、めでたいからと呑ますと、

酔わないときは誠に良い職人であるが、

その内に酩酊してきて前後が判らなくなる。

主人に毒づいて飛び出してしまう。

翌日、心配していると 仲の”馬”を連れて帰ってくる。

その日は又元気に働いて、日が暮れた。

主人も喜んでいるところ、又酒を呑んで飛び出してしまう。

翌日も同じで、ついに金は帰ってこない。

 主人自ら料理するという。

客が来て鰻を注文すると、その鰻を捕まえることすら出来ない。

悪戦苦闘の末鰻を捕まえたことはいいが、

鰻は手の中で右往左往、

鰻に合わせて主人も右に行ったり左に行ったり、

奥方が「いったいどちらに行かれるのですか?」

「前に回って、鰻に聞いてくれ!」。

 

 

↓のキーワードをクリックしてみて

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六代目三遊亭円生の噺、「紺... | トップ | 「タバコ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。