無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

私の下半身は正常です

2014年10月23日 | 面白画像

とある銀行に100万ドルの預金を持つ老婦人が支店長室へやってきた。
上得意の来訪を支店長は歓迎したが、婦人は100万ドルを全額下ろしたいと言った。
「何故ですかマダム? 当行に何か手落ちでも?」
「いいえ、お宅の銀行に問題はありませんわ。ただ、
あなた自身のよからぬ噂を聞いたもので」
「.....それはどのような?」
「言いにくいのですが.....あなた。睾丸が6つ、ペニスが3本もあるんですって?
そんな奇妙な人が経営している銀行に大切なお金は預けられませんわ」

支店長は婦人の話に面くらい、やがて大声で笑い出した。
「何を仰るかと思えば....そのような事実はございません」
すると婦人は声を少し荒くして言った。
「私は真面目なのですよ! そのような態度なら、即刻預金を全額っ!」
「お待ちください!」と支店長は真顔で婦人の言葉を遮った。
「でしたら、ここで私の下半身をお見せ致しますので、どうかご安心ください」
支店長がズボンのベルトを弛めようとすると、婦人は遮って言った。
「待って頂戴。私は最近とても目が悪いのよ。
証人を連れて来るので、その人の前でズボンを脱いでくださる?」
「よろしいですとも」
預金を下ろされたくない一心で、支店長は婦人の申し出を快諾した。
すると婦人はいったん支店長室から出て、
30分もすると、見るからに金持ちの初老の男性を伴って戻ってきた。
「じゃあ、お願いね」
婦人がそう言うと、支店長はズボンとパンツを下ろし、
標準的なサイズのペニスと睾丸2つを2人に見せた。
「なんてことだ!」
婦人と同伴していた男性が急に叫んだ。
支店長は男の態度に驚いて尋ねた。
「ご覧の通り、私の下半身は正常です。何か問題でも?」
すると男性は落胆の声で答えた。
「私は賭に負けたのだ」
「....賭、でございますか?」

「この銀行の支店長が支店長室でパンツを下ろしてソレを見せたら100万ドル、だよ」

 

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何か変だな | トップ | ビールを奨励しよう。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。