無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「三匹の侍」 時代劇専門CHが一挙放送

2015年03月24日 | ニュース

民放時代劇の先駆け「三匹の侍」 時代劇専門CHが一挙放送 半世紀ぶり幻の第5、6シリーズ

 時代劇専門チャンネルは4月、フジテレビ系で昭和40年代に放送されたテレビ時代劇「三匹の侍」の第4~6シリーズを一挙放送する。同作は第1~3シリーズの原版が残っておらず、第4シリーズを除き、再放送もされてこなかった。半世紀ぶりのテレビ放送となる。

 「三匹の侍」はテレビ草創期の38~44年に放送され、フジ社員だった五社英(ごしゃ)雄監督が企画や第1シリーズの監督を務めた。映画に比べ、テレビの存在感が薄かった時代に、殺陣に凝った効果音を付けるなど斬新な演出を追求。最高視聴率42%を記録し、民放時代劇の先駆けとなった。

 フジの若手社員として作品の企画や制作に参加した元BSフジ社長、白川文造さん(78)は「当初は『5匹』の構想もあったが、5人より3人の方がギャラが安く済む。結果的に正統派、優男、コミカルな3人におさまり、話も散らなくて済んだ」と、笑って明かす。

 第1シリーズでは、五社監督が続々と画期的な演出を取り入れていった。キャベツや白菜といった食材を包丁で切る音を録音し、殺陣シーンで使用。狭いスタジオをごまかすため、背景をぼかし、ズームを活用したカメラワークも工夫したという。白川さんは「VTRが残っていないのが惜しい」と語る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「韓国に米国の欲求不満」米... | トップ | オレのかみさんと愛人が一緒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。