無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

林家彦六の噺、「松田加賀」

2015年05月09日 | 落語・民話

林家彦六の噺、「松田加賀」(まつだかが)より
 


 「本郷も”かねやす”までは江戸のうち」とうたわれた、その本郷通りの雑踏で、年端もいかない小僧按摩(あんま)が、同じ盲人に突き当たった。

こういう場合の常で、互いに杖をまさぐり合い、相手は按摩の最高位である検校(けんぎょう)とわかったから、さあ大変。相手は、公家や大名とも対等に話ができる身分。

 がたがた震えて、「ごめんくださいまし。ご無礼いたしました」という謝罪の言葉が出てこず、ひたすらペコペコ頭を下げるだけ。

こやつ、平の按摩の分際であいさつもしないと、検校、怒って杖で小坊主をめった打ち。

これから惣録屋敷に連れていき、おまえの師匠に掛け合うと、大変な剣幕。

周りは十重二十重の野次馬。

「おい、年寄りの按摩さん。かわいそうじゃねえか。よしなよッ」

「なに、わしはただの按摩ではない。検校だ」

「それなら、家に帰ってボウフラでも食え」

「何だ?」

「金魚」

「金魚じゃない。けんぎょお」。

大変な騒ぎになった。

そこへ通り合わせたのが、神道者で長年このあたりに住む、松田加賀という男。

話を聞いて、自分が一つ口を聞いてやろうと、

「もしもし、そこな検校殿。
 あなたに突き当たった小坊主、年がいかないから度を失って、
 わびの言葉が出てこない。仲人は時の氏神、と申します。
 ここは私に任して、円く納まってはくださいますまいか」と、
丁重に持ちかけた。

検校は
「これはこれは、あなたは物のよくおわかりになる。
 お任せはしましょうが、ご覧の通り、わたくしは晴眼の方とは違います。
 あなたのお顔、なり形などは皆目わからない。
 仲人をなさいますあなた様の、お所お名前ぐらいは承りたい」と言うので、

「これは失礼いたしました。私はこの本郷に住んでいる、松田加賀と申します」
と正直に返事をしたが、興奮が冷めない検校、
本郷のマツダをマエダと聞き違えて、これはすぐ近くに上屋敷がある、
加賀百万石のご太守と勘違い。

「加賀さま・・・うへッ」と、杖を放り捨ててその場に平伏。
加賀も、もう引っ込みがつかないから、威厳を作って
「いかにも加賀である」
「うへーッ」
「検校、そちは身分のある者じゃな。下々の者は哀れんでやれ。
 けんか口論は見苦しいぞ」
「へへー。前田侯のお通り先とも存じませず、ご無礼の段は平にお許しを」

検校がまだ這いつくばっている間に、加賀はさっさと先へ行くと、
「高天原に神留まりまします」と、
門付けの御祓いをやりはじめた。

 そうとは知らない検校、
「ええ、以後は決して喧嘩口論はいたしません。ご重役方にも、
 よろしくお取りなしのほどを」と、
さっきとは大違いで、ひたすらペコペコ。

 野次馬連中、喜んでわっと笑うので、検校、膝をたたき、

「さすがは百万石のお大名だ、たいしたお供揃え」。

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おーい、電線が3本あるだろ?... | トップ | 桂歌丸の噺、「鍋草履」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。