無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

【2013年ヒット商品回顧録】殺伐とした日常にふと、一息つく余裕を与えてくれるヒット商品たち

2014年12月11日 | ニュース

【2013年ヒット商品回顧録】殺伐とした日常にふと、一息つく余裕を与えてくれるヒット商品たち

2014年3月20日(木)09:00


(@DIME)

絶対的多数に支持されたわけではない。華々しい表舞台に立ったわけでもない。しかし、知る人ぞ知るベストセラー商品は数多い。なぜヒットしえたのか、その理由を探れば、そこにヒット商品の神髄が見えてくる--。

〈50万個で大ヒットといわれるガチャガチャ業界で、440万個を売り上げた〉
ガチャガチャ界のアイドル 奇譚クラブ『コップのフチ子』

コップのフチ子 をご存じだろうか。コップの縁に寄り添うようにそっとたたずむOL風のフィギュアだ。2012年7月に玩具メーカーの奇譚クラブ が“ガチャガチャ”のカプセルトイとして発売すると、1週間で10万個以上を売り上げ、その後もスピードは衰えず、2013年12月分までに約440万個、金額にして約9億円にもなる。

 そのほか書籍やグッズ、企業のタイアップキャンペーンなどにも起用され、市場規模は天井知らず。今や売れっ子アイドル並みの人気を誇る。

『コップのフチ子』はオッス!トン子ちゃん 』『バカドリル 』の作家として知られるマンガ家タナカカツキ氏と共同で開発された。タナカ氏による複数の案から、奇譚クラブのスタッフ全員が支持したのが『コップのフチ子』だった。

「“SNS好きな女性たちがつい写真に撮り投稿したくなるネタを提供できるキャラクター”をコンセプトにしました。『フチ子』さんはまさに我々の狙いどおりのキャラクターでした」(奇譚クラブ広報・しきせいた氏)

 コップの縁にバランスよく乗せられる。しかもちょっとエッチで、ちょっとコミカルなポーズがユーザーの間で大いに受けている。これらもタナカ氏による提案だった。カラーやポーズは次々と追加され、大ヒットを続ける今も、“進化”する『コップのフチ子』に会える。

「フチ子の友人OLによる耳栓も発売しました。これからも色々なフチ子が欲しい、と思ってもらえるよう、次々と新しい工夫を仕掛けます」(前出・広報・しきせいた氏)

 フチ子さん人気はこの先もまだまだ収まりそうになさそうだ。

カラーはブルー、ピンク、イエロー、ネイビーなど。ポーズは全7種。ちょっとセクシーなフチ子さんも人気で、様々なコラボが実現。1個200円。

コップの「フチ」で「遊ぶ」新感覚のシチュエーションフィギュア。フチにバランスよくとどまる仕草がかわいいと、ファンが急増。

フチ子さんを共同で開発したマンガ家タナカカツキ氏。膝の上にあるのは全長50cmのFRP製の「窓辺のフチ子 」。フチ子さんのフォトコンテストを実施した際、最優秀賞プレゼントとして制作された。

 

※アマゾンでの購入は私のページ経由で注文をお願いします。私が喜びます。アンダーラインの文字はアマゾンにリンクしています。

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀行強盗事件の裁判 | トップ | ソーラーパネルの発電効率が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。