無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

毎朝判事に一杯のあつ~いコーヒーを運ぶ事

2015年02月19日 | 面白画像

ある若手事務員の仕事には、毎朝判事に一杯のあつ~いコーヒーを運ぶ事も含まれていた。

判事は毎朝のように激怒した。というのも、いつもカップに3分の2程度のコーヒーしか入っていないからである。事務員の言い訳は、コーヒーが熱いうちに運ぼうと慌ててしまうので、どうしても途中でこぼしてしまう、ということだった。判事は事務員に対して怒鳴ったり、侮辱的な言葉を浴びせたが、それでもカップ満杯で運ばれてくる事はなかった。

だが、判事の脅し文句でようやく状況が変化した。もし、今後もカップ満杯に運んでこないようだったら、給料を3分の1に減らすと脅したのである。

翌朝、事務員はカップの縁ぎりぎりまで入ったコーヒーを手に、判事に朝の挨拶をした。

その後も、コーヒーはカップいっぱいいっぱいに運ばれてきた。判事は満足し、事務員に対してカップの運び方がうまくなったと褒め称えた。

「いえ、たいしたことないですよ」事務員は嬉しそうに言った。
「給湯室の外で口の中にコーヒーを少し入れて、判事の部屋の前で口に入れたコーヒーをカップに戻してるんです」

 

 

面白かったら、「ブログランキング」 

   

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少年は、スーパーマーケット... | トップ | 仕事代として10万ドルを請求した »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。