無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

番町皿屋敷

2014年08月27日 | 面白画像

番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)

 

 ここはあの有名な、番町(ばんちょう)、青山播磨(あおやまはりま)の古屋敷(ふるやしき)です。
 古井戸(ふるいど)から美人のお菊(きく)の幽霊(ゆうれい)が現れるというので、毎晩毎晩、大変なにぎわいです。
 そのうちに、夜泣きそばに、だんご屋、おでん屋までが店を出すというしまつ。

 さて、ある晩の事。
 見物人(けんぶつにん)は、今か今かと幽霊が出るのを待っていました。
 じこくは、草木もねむるうしみつ時です。
 どこからか青い火が出てきたかと思うと、井戸の中からスーーッと、お菊の幽霊が現れました。
「いよう、お菊さーん」
「待ってました」
「しっ。静かに、静かに、静かに・・・」
 みんなは耳をそばだてて、お菊の声を待ちました。
「・・・一まい、・・・二まい、・・・三まい」
 いつものようにお菊の幽霊が、細い震える声で皿を数え始めました。
 みんなはガタガタと震えながらも、お菊の美しい声に聞きほれていると、いつもは九まいで終わるはずの声が、
「・・・十まい、・・・十一まい、・・・十二まい」
と、続いて、やがて、
「・・・十八まい。」
と、そこまで数えてから、スーッと井戸へ消えようとします。
 見物人は、あわててお菊の幽霊に声をかけました。
「ちょっと、お菊さん。待ってくれ」
「今晩は、いつもより、数える数が多くないか?」
「おまけですかい?」
 するとお菊の幽霊は、さびしく笑って言いました。
「実はかぜ気味なので、明日の分まで数えました」

♪ちゃんちゃん


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幽霊(ゆうれい)の命もこれっきり | トップ | 彼岸 ネズミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。