無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

山と積まれた人間の死体を発見した

2014年08月10日 | 面白画像

第二次世界大戦後のベルリンにて。
終戦直後で皆食べるものに困っていた時代。
街中で、ある若い女性が一人の盲人に話し掛けられた。
白い封筒に入った手紙を封筒の表面の宛名の住所まで届けて欲しいのだと言う。
帰り道だったため、女性は快く引き受けた。
そのまま二人は別れたのだが、暫く行って女性は、盲人男性が他に要るものがないかと振り向いた。
すると盲人だと思っていた男が、白い杖を小脇に抱え、健常者の様に反対方向に走って行くのが見えた。
おかしいと思った女性は、近くにあった交番に駆け込み、事情を説明した。警官達は
宛名の住所に突入し、そこで食用に売られている、山と積まれた人間の死体を発見した。
封筒の中には便箋が一枚。そこにはこう書かれていた。

「こいつが今日最後の獲物だ」

 

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。

 

 


クリックをお願いします↑↑↑↑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺は背を向けて行こうとした... | トップ | 強制的に手を引かれて出ていく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。