無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

古今亭志ん生、とっておきの艶笑噺、「鈴振り」

2014年11月15日 | 落語・民話

古今亭志ん生、とっておきの艶笑噺、「鈴振り」によると。

 

 禁欲の世界にいる出家たちは、十八檀林(だんりん)で修行をするが、その厳しいことは大変なことであった。

その十八檀林はまず、下谷 幡随院を振り出しに、・・・(下記1.関東十八檀林参照)・・・

そして増上寺に着いて、大僧正の位を与えられたが、修行もそこまで行くのが大変であった。


 そのころ、藤沢にあった易行寺(いぎょうじ)で、若者たち1千人程が、同じように修行をしているので、大僧正の位のある住職が跡取りを誰にするかが分からず、悩んでいた。そこで一計をはかると・・・。


 旧の5月18日知らせを出して、「跡目を出す相談をしたいので28日にお集まり願いたい」と、修行僧を集める。

客殿に集まった若い修行僧に一人ずつ脇に呼んで、「あなたかもしれないので、”せがれ”にこれを・・」といって、金の小さな鈴を付け、同じように千人全員に付けてしま った。

「今日は特別な日なので、酒、肴を許す」と。

そのうえ、酌人に17~8の美人揃いの綺麗どこが、揃いの紺の透綾(すきや)で現れた。

白い肌が透き通る短めの紺透綾を素裸の上に着ているだけなので悩ましい上に、立て膝をついて「いかがですか?」とお酌をされると、

「なんたることだ、これも修行の内か」と思いながら、下を手で押さえていたが、お酌をされるので手を離したとたん、『チリ~ン』。

あちらでも『チリ~ン』。

こちらでも『チリ~ン』。

それが千人『チリ~ン、チリ~ン』と、鳴り響いた。、

それを聞いた大僧正が嘆いていると、一人の若者が目を半眼に開いて座禅をしている。

その彼だけが鈴の音がしない。

彼こそが跡継ぎであるというので、別室に案内して「鈴を見せてくれ」といい、見ると鈴が無い。

彼曰く「鈴はと~に、振り切りました」。

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある政党の集会。 | トップ | 弟「それじゃ・・入れるよ」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。