無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

奇妙な緑の服を着た男が佇んでいた

2014年11月28日 | 面白画像

クリスマス・イヴの朝、
何か気配を感じたキャロルは玄関のドアを開けると、
奇妙な緑の服を着た男が佇んでいた。
サンタクロースとともに玩具を作る妖精の姿をしていたので、
彼に声をかけた。
「ねぇ、あなた。もしかして、あの妖精かしら?」
「いかにも。俺が妖精だってよく分かったな!」
「(その格好で分かったなも何もだけど)
 ....それじゃあ、妖精さんが何かご用かしら?」
「俺はあんたに捕まっちまったから、3つの願いを叶えてやるよ」
「(この場合、突っ込みをいれるべきかしら)....3つの願い?」
「いかにも。さぁ、最初の願いは何だ。言ってみろよ」
それじゃあ、せっかくということで、
キャロルは少し考えてから言った。
「美しい大邸宅が欲しい」
「よし、わかった。大邸宅をやろう。2つ目は?」
キャロルは再び考えてから言った。
「2つ目は、幻といわれる最高級車 "マイバッハ" が欲しい」
「よし、わかった。その高級車をやろう。3つ目は?」
「最後の願いは、
 私が80歳まで生きた上での死ぬまで贅沢に暮らせる額の現金かしら。
 死ぬまで不自由なく、
 いろいろな男に魅了されつつ遊べるといった設定で」
「よし、わかった。取りあえず、始めに100万ドルをやろう。
 しかし、それらの願いを現実にするには1つ条件がある。
 あんたは俺とこれから朝までSEXする必要があるんだが」
「それで願いが現実になるなら、お安いご用よ」
「よし、じゃあ商談成立ってことで早速....」

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桂文朝の噺、「平林」 | トップ | スッピンで プールに入り ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。