無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「やめれー!」赤ちゃんを打つふりをしたら猫がすっ飛んできて止めに入った。

2015年04月05日 | ニュース

「やめれー!」赤ちゃんを打つふりをしたら猫がすっ飛んできて止めに入った。

no title

 猫の母性炸裂の瞬間がまた新たに公開されていた。子どもを守る猫と言えば、昨年話題となったタラさん(関連記事)だろう。タラさんは犬に襲われてそうになった子どもを守るため、犬に体当たりして止めに入ったわけだが、猫は本能的に子どもを守るようにインプットされているようだ。

 おそらくはロシアからの映像だが、父親が赤ちゃんを怒鳴りつけ、打つふりをしていたところ、猫がすっ飛んできて、父親の手を制するよう止めに入ったのだ。

何度ふり払われても、何度でも止めに入る黒猫
2

それでもやめない父親に対し、本気で噛みにいった。
3

猫の愛情を試すという行為は良くないことだが、必死で赤子を守ろうとしていることはこれで証明されたろう。例え父親と言えども赤子を守るためなら本気で殺りにいくようだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まるで昭和のバカ殿」日本... | トップ | AKB48・小嶋陽菜、写真集の疑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。