無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」

2015年05月10日 | ニュース

最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」

 ゆったりとコーヒーを味わいながら、マスターやなじみの客と語らう-。そんな昔ながらの喫茶店を守ろうと、神戸の喫茶店主の男性が立ち上がった。危機感を募らせたのは米国コーヒーチェーンの台頭だ。「日本固有のコーヒー文化を絶やしてはいけない」。男性は「自家焙煎(ばいせん)」に希望を託し、店内で手軽に使える小型の焙煎器を試作、一店でも多くが生き残れるよう「最高の一杯」をたてる方法を伝えている。(牛島要平)

 4月中旬、神戸市内で開かれた講座「コーヒーを学び、体験する」。年齢層も幅広い男女約30人の前で、同市垂水区で喫茶店「リア珈琲」を営む林靖二さん(62)が独自に開発した小型焙煎器を使い、焙煎を実演して見せた。

 「焙煎の加減で味、香りが変わる。焙煎して初めて商品としてのコーヒーをつくったといえるんです」

 焙煎器は、電動で回転する長さ約30センチのドラムが備えら付けられ、ここに生のコーヒー豆を投入、ガスコンロの熱で煎(い)る仕組みだ。

 林さんの店は大型の焙煎器で自家焙煎した豆を使っており、「苦みとほのかな酸味があり、1日5杯でもいけるコーヒー」が自慢。ただ、焙煎器は平均で20万円程度と高額で、個人経営の喫茶店では焙煎済みの豆を仕入れるケースが多いという。

このニュースの写真

  • 最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」最高の一杯伝授へ小型焙煎器製作 神戸の喫茶店主「日本のコーヒー文化守る」

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桂歌丸の噺、「鍋草履」 | トップ | キャスター付きいすに座り商... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。