無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

【将棋】 えっ! コンピューターが反則負け 電王戦、プロが初の勝ち越し王手

2015年03月22日 | ニュース

【将棋】
えっ! コンピューターが反則負け 電王戦、プロが初の勝ち越し王手

電王戦第2局でコンピューターソフト「Selene」と対局する永瀬拓矢六段=21日、高知城


 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の団体戦、電王戦第2局は21日、高知市の高知城で行われ、後手の永瀬拓矢六段(22)が89手でソフト「Selene」の反則により勝利し、プロが2連勝として初の勝ち越しにあと1勝とした。ソフトの不具合で反則となり、勝敗が決するのは異例。

 対局は終盤、永瀬六段の角が成るところで成らない「角不成」での王手に対し、ソフトが王手を防がない別の手を指した。将棋は王手をされたら、玉が逃げるなど、必ず王手を防ぐ手を指さなければならない。だが、ソフトのプログラムに不具合があり王手を認識できなかった。結果、「王手放置」の反則により、ソフトの負けとなった。

 永瀬六段は「バグ(不具合)なのかは分かりませんでしたが、少なくとも時間を使うのは知っていた。時間を削る意味でも決断した」と話し、ソフトが「角不成」への対応がうまくできない場合があることを知っていたという。片上大輔・日本将棋連盟常務理事は「ソフトと人間の戦いはこういうものだと思う」と話した。

 第3局は28日に北海道函館市の五稜郭で、稲葉陽七段とソフト「やねうら王」が対戦する。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイプリルフール | トップ | テキサスにはあの2倍のバッタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。