無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

草むらん中へ入り込んじゃった。

2015年04月04日 | 落語・民話

蚤と虱


蚤 「おめぇのほうにもいろいろあるだろう?」

虱 「ああ、俺ァほんの二,三日前よ、あぶなくいのちびろいをしたばかりよ」

蚤 「へえ、どうしたい?」

虱 「まァ、きいてくれ。湯ゥ屋でひょいと取っついた着物の女がよ、
   随分色の白い、餅肌のいい女だ」

蚤 「うまくやりやァがったな。で、どうしたい?」

虱 「上のほうから下のほうへと、だんだん這ってゆくてえと、
   やがて草むらん中へ入り込んじゃった。草むらてえより、
   ありゃァ森だな・・・」

蚤 「ほう、ほう・・・」

虱 「森をやっとこさ抜けて、しばらく行くてえと、こんだァ沼みてえなところへ
   出て、そこから生あったかい水みてえなものが、
   ペチャペチャと出ているんだ・・・」

蚤 「ほう、ほう・・・」

虱 「そこを渡るにゃァ、俺の体じゃ広すぎる。でも土手あるから、さて、
   右回りにしようか左回りにしようかと、考えてるところへ、おめえ!」

蚤 「急に大きな声をしたな、どうしたい?」

虱 「そこへ、大入道だ。物凄い大入道が、いきなり立ちゃァがって、
   頭から体ごとその沼の中へ、『こんにちは』も言わねえで、
   ズブッと突っ込んで来やがった。
   いやァ、おどろいたのなんの・・・。
   入ったと思ったら、こんどはすぐもどって来やがった。
   入ってもどって、入っては出る・・・
   そんなことをしばらくくりかえしているうちに、
   沼の水かさがドーッと増して来た」
蚤 「洪水だな、そりゃァ。逃げねえと危ないぜ」

虱 「逃げようと思ってもおめえ、水で足ァ取られる、体ァ押し流される。
   おまけにこちとらァ、泳ぎは苦手と来てるから、水の中でアップアップ・・・。
   こりゃァ、とてもダメだ、神さま仏さまとおがんだ途端・・・・」

蚤 「どうしたい?」

虱 「うん、紙(神)のおかげで、助かった」

定本艶笑落語 小島貞二編より


 

のキーワードをクリックしてみて
梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 乳首
コンドーム 精子 穴が違う 刺青

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貞操帯をつけたが自分が死ん... | トップ | ♂ココをクリック! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。