無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

悪名を残した10の発明品  其の1. .クロロフルオロカーボン(CFCs)

2015年04月16日 | ニュース

1. .クロロフルオロカーボン(CFCs) (発明者 トマス・ミジリー、アメリカ)

 トマス・ミジリー氏は、もと機械技師で、ハイオク有鉛ガソリンやフロン(クロロフルオロカーボン)を開発した人物だ。しかしそれによって、地球の表面から酸素を取り除いてしまう「大気破壊」分子が急速に生成されるようになってしまった。

 当時、彼の発見は高く評価されていた。しかし、今となっては、酸素の核をクロロフルオロカーボンへと変化させるよう設計されたガソリンエンジンは、オゾン層の破壊に繋がる物質を吐き出す大きな原因と考えられている。

 自身の名前で多くの特許を取得しているトマス・ミジリーは、地球史上のどんな生物よりも、大気に大きな悪影響を与えた人物だと言われている。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52189678.htmlより



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪名を残した10の発明品  其... | トップ | 笑点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。