無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、小惑星の落下によって滅びる恐れのある国10カ国を発表した。

2014年12月23日 | ニュース

米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、小惑星の落下によって滅びる恐れのある国10カ国を発表した。

NASAは、4万7000個以上の小惑星をとらえている強力な望遠鏡「ワイズ(WISE)」を使用して、小惑星の落下によって滅びる恐れのある国を割り出した。伝えられたところによると、4万7000個以上の小惑星のうち、107個が人類にとって重大な脅威となっている。
地球に直径100メートル以上の小惑星が落下した場合、その地域では洪水、津波、竜巻などが発生し、複数の国が完全に滅亡するという。
小惑星の落下によって滅びる恐れのある国は、英国、米国、中国、イタリア、インドネシア、フィリピン、ナイジェリア、日本、インド、ブラジルの10カ国。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281579225/

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “ほぼ全裸” 極小水着の男性に... | トップ | 空がが真っ二つに割れた?台... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。