無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

夫婦別姓の誤り 編集委員・大野敏明

2015年04月13日 | ニュース

夫婦別姓の誤り 編集委員・大野敏明

 最高裁が、一般的にいわれている「夫婦別姓」について違憲かどうかを判断することになった。婚姻によって、「改姓することで、人間関係やそれまでのキャリアの断絶が生じる可能性がある」ことが、問題とされているらしい。

 だが、ここで使われている「改姓」といういい方は正しいのであろうか。今回、問題にされている民法750条には「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」とあって「姓」とは書かれていない。

 戸籍法13条の戸籍記載事項にも「氏名」とはあるが「姓名」と書かれていないし、同14条にも「氏名の記載順序」となっていて、「姓名」と書かれていない。

 これは一体どういうことなのか。われわれは「姓」と「氏」を混同して使用しているのではないか。しかし、実は、この2つは全く異なるのである。

 簡単にいうと、「姓」は遠い先祖から承け継がれている「血族」を表し、「氏」は現在の家族集団を表している。

 具体的にみてみよう。「姓」も「氏」もともに「名字(苗字)」である。「名字」は個人名(名)ではなく、「血」や「家」の集団を示すものである。日本では、その「名字」に「姓」と「氏」の2つの概念がある。

 中世以降の日本では藤原、平、源、橘、安倍、清原、菅原といった大血族集団を表すものを「本姓(原姓)」あるいは「姓」と呼び、より細かな家族的集団を「氏」としたのである。例えば足利尊氏は「姓」は「源」で「氏」は「足利」であり、北条時政は「姓」は「平」、「氏」は「北条」である。

関連ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第86講 「夫婦別姓」認めなければ違憲? 別姓制にはさまざまな問題

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衝突の危険あり、貴艦の針路... | トップ | ヒラリー氏の大統領選用ロゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。