無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

澄んだ水が静かにうち寄せる美しい砂浜だった。そして、たくさんの美女たちが、笑いながら遊び戯れていた。

2014年08月16日 | 面白画像

地獄でビル・ゲイツがみたものは・・・アトゥール・マーチャントより 
 ビル・ゲイツは、ある日、自動車事故で死に、天国の門のところに行った。神は、「ええと、困ったなあ。わたしは君を天国に送ったものか、地獄に行ってもらうか迷っているんだよ。君は、世界中の家庭にコンピュータを普及させて世の中に大いに貢献したわけだが、あのなんとも忌まわしいウィンドウズ98の作者でもある。そこで、今までこんなことをしたことがなかったのだが、君のケースでは、君自身に行き先を決めてもよいことにした」
 ビルはそれに答えて
「神様、感謝します。ところで、天国と地獄の違いはなんでしょうか」
「それぞれに仮に行ってみて、その後に決めるということでどうかな」
「分かりました。ところで、まずどちらにいったらよいでしょうか」
「それは君に任すよ」
「OK。ではまず地獄に行ってみます」と、ビルは地獄へ行った。
 そこは、澄んだ水が静かにうち寄せる美しい砂浜だった。そして、たくさんの美女たちが、笑いながら遊び戯れていた。太陽が輝き、過ごしやすい快適さだった。ビルはすっかり気に入った
「実に素晴らしい。もしここが地獄ならば、天国も是非見てみたいのですが」と神にいった。
「よろしい」
 そこで彼らは天国に行った。
 天国は、はるか雲の高みにあり、天使たちがハープを弾きならしながら歌を歌いつつ浮遊していた。そこは素敵な場所ではあったが、地獄ほどワクワクするようなところではなかった。
 ビルは、一瞬、考えた後、決心がついた。
「ええと、わたしは地獄へ行こうと思います」
「よろしい、君の好きにしたらよい」
 ということで、ビルは地獄へ行った。
 2週間後、神は、あの億万長者が地獄でどう過ごしているのか見に行くことに決めた。神が地獄を訪れると、壁に足かせでつながれたビルが、暗い洞窟のなかで炎に焼かれて叫んでいた。彼は、悪魔たちに火あぶりにされ、拷問を受けていたのだ。
「ビル、どうかねここの様子は」神がこう尋ねた。
「ここは、期待していたところと違って、とんでもなく、ひどいところですよ。こんなひどい話は信じられない。澄んだ水の砂浜、や美女たちが水に戯れていた、あの場所はどうなったのですか」
「ああ、あれか。あれはスクリーン・セーバーだよ」


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑


  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロンド女が上司にコーヒー... | トップ | 娘がボーイフレンドと海にゆく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。