無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

人体標本が200体超、ドイツで物議の展覧会18日スタート

2015年02月19日 | ニュース

人体標本が200体超、ドイツで物議の展覧会18日スタート

[17日 ロイター] - 「プラスティネーション」と呼ばれる遺体保存技術を利用して作製した200体以上の人体標本を展示する「ボディ・ワールズ」がドイツの首都ベルリンの博物館で18日から始まる。
「プラスティネーション」は、死体から体液と脂肪を取り除いて保存する技術で、ドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏が開発した。この標本の展示をめぐっては様々な議論があるが、ドイツの裁判所は昨年、展覧会は死体の展示を禁止する埋葬法には抵触しないとの判断を下している。

  

 

         

    

       人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑   


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葛飾北斎が描いた波は、ハイ... | トップ | 好きな人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。